【SGT】2014第4戦SUGO:GT300クラスはマネパランボルギーニが優勝!JLOCは8年ぶりのV

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 2014年のSUPER GT第4戦SUGO。今年も「魔物」の影響でスタート直後から大混乱となったGT300クラスはNo.88 マネパランボルギーニ GT3(織戸学/青木孝行)が優勝。エントラントであるJLOCにとっては8年ぶりの優勝となった。

 全車がスリックタイヤでスタートの中、No.10 GAINER Rn-SPORTS SLS(植田正幸/山内英輝)がポールポジションでスタートを切ったが直後から雨が降り始めハーフウエットに近いコンディションに。これを見て2番手スタートのNo.61 SUBARU BRZ R&D SPORT(佐々木孝太/井口卓人)らが続々とピットインし、ウエットタイヤに交換する。しかし雨はすぐに止み、コースもドライに。61号車は再びスリックタイヤに交換し直すというタイムロス。さらにレーススタート前にタイヤ交換したとして10秒のペナルティストップを受け、大きく後退してしまった。

 ハーフウエットに強いダンロップタイヤを履くゲイナーSLSが序盤からリード。中でもポイントランキング2位のNo.11 GAINER DIXCEL SLS(平中克幸/ビヨン・ビルドハイム)が10号車からトップを奪い逃げにかかる。それに追いつく速さをみせたのが8番手スタートだったNo.50 WAKO’S Exe Aston Martin(加納政樹/安岡秀徒)。16周目に2位へ浮上すると11号車ビルドハイムに接近。安岡が19周目のインに入りこもうとするが両者一歩も譲らず接触。11号車は右フロントに致命的なダメージを負いリタイアを余儀なくされた。審議の結果、この件はレースアクシデントという結論に至った。

 その後も50号車安岡がトップを死守し、43周を終えたところでピットイン。ところが作業に時間がかかってしまい大きくタイムロス。せっかく掴みかけた優勝のチャンスを逃してしまった。

 これでトップに踊りでたのがNo.88 マネパランボルギーニ GT3(織戸学/青木孝行)。2位以降は接近戦の熾烈なバトルを繰り広げる中、織戸が着実に周回を重ねていく。終盤に再び雨が降り出したが、ベテランらしい落ち着いた走りで見事トップチェッカーを受けた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 エントラントであるJLOCにとっては2006年以来8年ぶりの勝利。織戸も2009年開幕戦岡山以来、青木も2009年の最終戦もてぎ以来と久しぶりに勝利の美酒を味わった。

 2位には終盤の雨の中で怒涛の追い上げをみせたNo.65 LEON SLS(黒澤治樹/黒澤翼)、3位にはNo.21 Audi R8 ultra(リチャード・ライアン/藤井誠暢)が入り、FIA-GT3勢が表彰台を独占した。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る