【SGT】2014第6戦鈴鹿:NSX、GT-Rとのバトルを制し、ペトロナスTOM’S RC Fが今季初V!

©KANSENZYUKU

 2014年のSUPER GT第6戦インターナショナル鈴鹿1000km決勝。今年は1度もセーフティーカーが出ることなく順調に進行し、チェッカーの時を迎えた。

 終盤はNo.36 PETRONAS TOM’S RC F(中嶋一貴/ジェームス・ロシター)とNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)の一騎打ち。一時はサイドバイサイドになるほどの攻防戦が繰り広げられたが、5ストップ作戦の36号車ロシターがプッシュ。23号車に対して着実にリードを広げていく。

 ピットではアンカーを務める予定の中嶋一貴がスタンバイ。しかし、チームはドライバー交替時のアクシデント等によるタイムロスを懸念し、ロシター続投を決断。残り27周で給油とタイヤ交換のみを終え、コースへ復帰する。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 その後もロシターは、ミスのない走りで着実に周回を重ね、最終的に2位の23号車に50秒もの大差をつけトップチェッカー。今季初優勝を飾った。2位には23号車が入り、3位には終止トラブルなく粘り強く走り続けたNo.18 ウイダーモデューロNSX CONCEPT-GT(山本尚貴/フレデリック・マコヴィッキィ) が2戦連続で表彰台を獲得。なお、この結果により23号車の松田/クインタレッリ組が60ポイントでランキング首位に浮上した。

©KANSENZYUKU

 1000kmにも及ぶ長い戦いを終え、パルクフェルメに帰ってきたロシターはルーフの上に立ってガッツポーズ。一貴も最終ラップまで険しい表情をみせていたが、ロシターと再開すると笑顔をみせていた。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る