【SGT】2014第6戦鈴鹿:NSX、GT-Rとのバトルを制し、ペトロナスTOM’S RC Fが今季初V!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

 2014年のSUPER GT第6戦インターナショナル鈴鹿1000km決勝。今年は1度もセーフティーカーが出ることなく順調に進行し、チェッカーの時を迎えた。

 終盤はNo.36 PETRONAS TOM’S RC F(中嶋一貴/ジェームス・ロシター)とNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)の一騎打ち。一時はサイドバイサイドになるほどの攻防戦が繰り広げられたが、5ストップ作戦の36号車ロシターがプッシュ。23号車に対して着実にリードを広げていく。

 ピットではアンカーを務める予定の中嶋一貴がスタンバイ。しかし、チームはドライバー交替時のアクシデント等によるタイムロスを懸念し、ロシター続投を決断。残り27周で給油とタイヤ交換のみを終え、コースへ復帰する。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 その後もロシターは、ミスのない走りで着実に周回を重ね、最終的に2位の23号車に50秒もの大差をつけトップチェッカー。今季初優勝を飾った。2位には23号車が入り、3位には終止トラブルなく粘り強く走り続けたNo.18 ウイダーモデューロNSX CONCEPT-GT(山本尚貴/フレデリック・マコヴィッキィ) が2戦連続で表彰台を獲得。なお、この結果により23号車の松田/クインタレッリ組が60ポイントでランキング首位に浮上した。

©KANSENZYUKU

 1000kmにも及ぶ長い戦いを終え、パルクフェルメに帰ってきたロシターはルーフの上に立ってガッツポーズ。一貴も最終ラップまで険しい表情をみせていたが、ロシターと再開すると笑顔をみせていた。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 東京・お台場で開催される恒例のモータースポーツイベント「モータースポーツジャパン2018 フ…
  2. 今年も東京・お台場で4月14・15日に開催される「モータースポーツジャパン2018 フェステ…
  3. [table id=81 /]…
  4. 2018年のピレリ スーパー耐久第1戦「SUZUKA“S耐”春の陣」の決勝が4月1日に行われ…
  5. 2018年のモータースポーツシーズンがいよいよスタート。国内4輪のビックレースの一つであるピ…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る