【F1】2014第14戦シンガポールGP:0.007秒差でハミルトンが競り勝ち今季6度目のPP!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©Pirelli
©Pirelli

 2014年のF1世界選手権は、いよいよアジアラウンドへ。第14戦シンガポールGPの公式予選が現地時間の20日にマリーナ・ベイ・ストリート・サーキットで行われた。

 2008年の初開催から早くも7回目のナイトレースとなったシンガポール戦。中心街が閉鎖され市街地コースが完成。1600基の幻想的な空間を生み出している。

©Pirelli
©Pirelli

 まず全車が出走したQ1では、フェラーリ勢が速さをみせる。キミ・ライコネンが1分46秒685、フェルナンド・アロンソも1分46秒889で続きワン・ツー発進。好調メルセデスAMG勢のライバルに名乗りでた。

 続くQ2でもライコネンが1分46秒359までタイムを伸ばすが、今季13戦中12回のポールポジションを勝ち取っているメルセデスAMG勢も反撃。ルイス・ハミルトンが1分46秒287でトップに踊り出ると、セッション終盤にニコ・ロスベルグが1分45秒825を叩き出しトップ通過を果たす。

 そして12分間で争われる最終Q3ではレッドブル・レーシング、ウイリアムズ勢もトップ争いに参戦。1回目のアタックではこれまでの流れ通りフェラーリ勢が先行。そこにダニエル・リカルド(レッドブル・レーシング)が1分46秒068でトップ浮上するが、これをフェリペ・マッサ(ウイリアムズ)が1分46秒007を記録。今年のシンガポールGP予選は今季最大級の大激戦に注目が集まった。

©Pirelli
©Pirelli

 残り4分を切ったところで各車がタイヤを替えて2回目のコースイン。しかし、ここで予想外の展開が発生する。ここまで好調だったライコネンのマシンにトラブルが発生。パワーが出ない症状に苦しめられタイムアタック中断を余儀なくされる。チームメイトのアロンソもタイムを思うように更新ができない。そんな中、最後に結局タイムを伸ばしてきたのはメルセデスAMG勢。まずロズベルグが1分45秒688を記録するが、さらにアグレッシブな走りをみせたハミルトンが0.007秒上回る1分45秒681を叩き出し、今季6回目、通算37回目のポールポジションを決めた。2位にロズベルグが入り今回もシルバーアローがフロントローを独占。3位にリカルド、4位にセバスチャン・ベッテル(レッドブル・レーシング)が食い込んだ。

 また日本期待の小林可夢偉(ケータハム)は20位で予選を終えた。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る