【F1】2014第14戦シンガポールGP:0.007秒差でハミルトンが競り勝ち今季6度目のPP!!

©Pirelli
©Pirelli

 2014年のF1世界選手権は、いよいよアジアラウンドへ。第14戦シンガポールGPの公式予選が現地時間の20日にマリーナ・ベイ・ストリート・サーキットで行われた。

 2008年の初開催から早くも7回目のナイトレースとなったシンガポール戦。中心街が閉鎖され市街地コースが完成。1600基の幻想的な空間を生み出している。

©Pirelli
©Pirelli

 まず全車が出走したQ1では、フェラーリ勢が速さをみせる。キミ・ライコネンが1分46秒685、フェルナンド・アロンソも1分46秒889で続きワン・ツー発進。好調メルセデスAMG勢のライバルに名乗りでた。

 続くQ2でもライコネンが1分46秒359までタイムを伸ばすが、今季13戦中12回のポールポジションを勝ち取っているメルセデスAMG勢も反撃。ルイス・ハミルトンが1分46秒287でトップに踊り出ると、セッション終盤にニコ・ロスベルグが1分45秒825を叩き出しトップ通過を果たす。

 そして12分間で争われる最終Q3ではレッドブル・レーシング、ウイリアムズ勢もトップ争いに参戦。1回目のアタックではこれまでの流れ通りフェラーリ勢が先行。そこにダニエル・リカルド(レッドブル・レーシング)が1分46秒068でトップ浮上するが、これをフェリペ・マッサ(ウイリアムズ)が1分46秒007を記録。今年のシンガポールGP予選は今季最大級の大激戦に注目が集まった。

©Pirelli
©Pirelli

 残り4分を切ったところで各車がタイヤを替えて2回目のコースイン。しかし、ここで予想外の展開が発生する。ここまで好調だったライコネンのマシンにトラブルが発生。パワーが出ない症状に苦しめられタイムアタック中断を余儀なくされる。チームメイトのアロンソもタイムを思うように更新ができない。そんな中、最後に結局タイムを伸ばしてきたのはメルセデスAMG勢。まずロズベルグが1分45秒688を記録するが、さらにアグレッシブな走りをみせたハミルトンが0.007秒上回る1分45秒681を叩き出し、今季6回目、通算37回目のポールポジションを決めた。2位にロズベルグが入り今回もシルバーアローがフロントローを独占。3位にリカルド、4位にセバスチャン・ベッテル(レッドブル・レーシング)が食い込んだ。

 また日本期待の小林可夢偉(ケータハム)は20位で予選を終えた。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る