【2014F1日本GP】サイン会直前に大雨!それでも全ドライバーが出席しファンと交流

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

 ついに開幕したF1日本グランプリ。午前のピットウォークでは何とか天気が持ったものの、午後になって雨が降り始め、サイン会直前には大粒の雨になった。

 それでも、ドライバーに会いたい一心で、多くのファンがグランドスタンドに居残りサイン会を迎えた。特別ピットウォークに参加したファンの中から抽選で660人がドライバーからサインを貰えるが、指定は不可能。それぞれ専用の待機席で誰が来るのか、自分はどのドライバーのサインを貰えるのかをワクワクしながら待っていた。

©Y.Oda/KANSENZYUKU ©Y.Oda/KANSENZYUKU

 本来は16時00分からスタートだったが、開始10分前に前年覇者のセバスチャン・ベッテル(レッドブル・レーシング)がいきなり登場。これにはファンも驚いた様子だったが、拍手と声援で歓迎。ベッテルも終始笑顔でサインの対応をしていた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 その後はチームごとにグランドスタンド前に登場。ジェンソン・バトン(マクラーレン)はフィアンセの道端ジェシカさんとともに登場。その様子をテント後方で見守り、サインが終わったら仲良くピットに戻っていった。またルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)の真似をしたコスチュームの子供が登場。ハミルトンもそれを見つけると自ら歩み寄り一緒に写真を撮った。

©KANSENZYUKU ©Y.Oda/KANSENZYUKU

 そして、可夢偉は集まったファンの前で挨拶「今回は具体的な目標を言える状態じゃないけど、とにかくベストを尽くして皆に楽しんでもらいたい。」とコメント。ファンからも「可夢偉がんばれ!」と声援を贈った。

結局、夕方5時すぎまで行われたサイン会は、あいにく天気になってしまったことが残念ではあるが今年も大盛況に終了した。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る