【2014F1日本GP】金曜日から30,000人が来場!ファミリー向けのイベントなどを中心に盛り上がる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

 2回のフリー走行が行なわれた鈴鹿サーキットでは、様々なイベントも同時にスタート。天気に恵まれたこともあり、30,000人のファンが来場に1年ぶりのF1観戦を堪能していた。

 昨年から導入された「ファミリーシート」の影響もあり、今日も多くの家族連れが来場。小さなお子様を対象としたイベントも多数用意されていた。

©Y.Oda/KANSENZYUKU ©Y.Oda/KANSENZYUKU

©Y.Oda/KANSENZYUKU ©Y.Oda/KANSENZYUKU

 特にレーシングシアター前にはオリジナルの応援うちわやネイルコーナーが設けられ、子供たちだけでなく、親御さんや女性ファンなどで賑わった。

©Y.Oda/KANSENZYUKU ©Y.Oda/KANSENZYUKU

 またレーシングシアター前には、今年の全日本選手権スーパーフォーミュラで活躍するダラーラ社製の「SF14」も展示されていた。今年は特にコーナリングスピードだけでもF1以上と言われており、今日のフリー走行タイムと開幕戦にアンドレ・ロッテラー(No.36 PETRONAS TEAM TOM’S)が記録したタイムも約2秒差だった。今回はDOCOMO TEAM DANDELION RACINGのメカニックにもご協力いただき、エンジン始動のセッションも設けられ、集まった多くのファンがF1とは別のターボエンジンサウンドを体感した。

©Y.Oda/KANSENZYUKU ©Y.Oda/KANSENZYUKU

 また前年まで活躍していたSF13も登場し、タイヤ交換体験などが行なわれ、子供たちが実際のメカニックになりきったつもりでタイヤ交換に挑戦。この他にも小倉さんによる「速さのヒミツ教室」が今年も開催され、白衣に身を包んだ“小倉先生“がレーシングカーの速さについて分かりやすく説明した。

©Y.Oda/KANSENZYUKU ©Y.Oda/KANSENZYUKU

©Y.Oda/KANSENZYUKU ©Y.Oda/KANSENZYUKU

 またGPスクエア内にあるオフィシャルステージではゲストを呼んでのトークショーを開催。今日は通算3勝し1995年のF1日本GPで3位表彰台を獲得した元F1ドライバーのジョニー・ハーバート氏が登場。GPスクエアを埋め尽くす観客が訪れ大盛り上がり。さらにイギリスのテレビ局の取材でアンソニー・デビッドソンも登場。ファンからのサインにも快く受けていた。

©K.Oda/KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 昨年は33,000人が来場した金曜日。僅かに少なくなったもののほぼ昨年並みの動員。明日の予選以降はさらに多くのファンで賑わうことになりそうだ。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 東京・お台場で開催される恒例のモータースポーツイベント「モータースポーツジャパン2018 フ…
  2. 今年も東京・お台場で4月14・15日に開催される「モータースポーツジャパン2018 フェステ…
  3. [table id=81 /]…
  4. 2018年のピレリ スーパー耐久第1戦「SUZUKA“S耐”春の陣」の決勝が4月1日に行われ…
  5. 2018年のモータースポーツシーズンがいよいよスタート。国内4輪のビックレースの一つであるピ…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る