【2014F1日本GP】晴天に恵まれた予選日は48,000人が来場!イベントも多数開催される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©Y.Oda/KANSENZYUKU

 2014年のF1日本グランプリ。昨日以上の晴天に恵まれた鈴鹿サーキットに48,000人が来場し、GPスクエアを中心にサーキット全体で盛り上がりをみせていた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 世間的には今日から休みという人が多く、朝8時のゲートオープンでは前日並みの列ができた。GPスクエアでは2015年からのホンダ復帰に向けてのPRブースが設置され、往年のマクラーレン・ホンダ3台が展示され、当時を知るファンもそうでないファンも、足を止めて写真撮影をしていた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 今日はフリー走行が11時からと遅めだったが、朝早くからサーキットの入り口周辺には熱心なファンがドライバーの入り待ちをし、お目当てのドライバーが通るたびに手を振って見送っていた。

©Y.Oda/KANSENZYUKU ©Y.Oda/KANSENZYUKU

©Y.Oda/KANSENZYUKU ©Y.Oda/KANSENZYUKU

 また明日のデモランに登場予定の佐藤琢磨も来場しており、トークショーを開催。彼の影響でF1を観始めたというファンも多く、GPスクエアのオフィシャルステージには1000人近いファンが集まり大盛況となった。その後、琢磨は決勝前のデモランで乗り込む予定のマクラーレン・ホンダMP4/4のシート合わせにも登場。憧れであり彼がF1を目指すきっかけでもあるアイルトン・セナが乗っていたマシンとあって、終始笑顔だった。

©Y.Oda/KANSENZYUKU ©Y.Oda/KANSENZYUKU

©Y.Oda/KANSENZYUKU ©Y.Oda/KANSENZYUKU

 予選終了後にはレッドブルのトークショーが開催され、セバスチャン・ベッテルとダニエル・リカルドが登場。ちょうど直前にチーム離脱を発表したベッテルだが、そのことは特に話さず終始笑顔「鈴鹿は本当に熱心なファンが多くて、ホテルを出る時から出迎えてくれるし、コースを走っている時でも全員を応援してくれる。本当にうれしいよ。」と語っていた。

©Y.Oda/KANSENZYUKU ©Y.Oda/KANSENZYUKU

 また夕方には、明日のデモランで使用予定のマシンを使ってのエンジン始動パフォーマンスが行われた。現行と同じ1.6リッターターボエンジンだが今と異なりパワー重視のターボだったため、もちろんサウンドも大きく違う。その迫力に集まったファンは驚いた様子だった。

 10月2日(木)に開幕した日本GPレースウィークも、いよいよ明日が決勝日。台風の影響が心配されるが、無事にレースが行なわれ、白熱したバトルが展開されることを期待したい。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る