【WEC】2014第5戦富士6時間:トヨタが見事な独走劇を披露!地元富士でワンツーフィニッシュ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 2014年のWEC第5戦富士6時間の決勝レースが12日(日)、静岡県の富士スピードウェイで行われた。

 気温14度で分厚い雲に覆われる肌寒いコンディション。当初は台風も心配されたが、幸い決勝日の天気に影響はなさそうだ。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 午前10時、27台のマシンがグリッドに整列しグリッドウォークがスタート。その前に全ドライバーが1番グリッド前に集合した。先週のF1日本GPで大クラッシュを喫し、今も懸命な治療が続けられているジュール・ビアンキ。彼と家族を勇気づけるために「Keep fighting Jules, We are with you.(ビアンキ選手、一刻も早い回復を我々皆で願っています」というメッセージとともに写真撮影に応じた。

 午前10時57分。セーフティーカー先導でフォーメションラップがスタートすると、定刻通り11時00分に6時間の耐久レースの幕が切って落とされた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 ポールポジションの8号車トヨタ(セバスチャン・ブエミ)が先行しようとするが、フロントロー並んだ20号車ポルシェ(マーク・ウェバー)がストレートスピードを生かして並びかけ、後方からも何台ものマシンが前を目指して1コーナーは混乱状態に。ここでトップに立ったのはポルシェ。しかしトヨタも反撃に出て100Rからヘアピンにかけて仕掛けていく。そこに2号車アウディ(アンドレ・ロッテラー)も加わり、オープニングラップからトヨタ、ポルシェ、アウディが3ワイドのバトルを展開。訪れたファンも盛り上がった。

 このままバトル状態が続いていくのかと思われたが、徐々にトヨタがペースを掴み他陣営を引き離していく。2時間を終えたところで8号車がトップ、7号車も2位で追いかけ、トヨタがワンツーで独走状態へ持ち込んでいった。

 途中、LMP2クラスのマシン同士が接触。そこで落ちたパーツ回収のためにフルコースイエローが導入されたが、その他は特に大きなアクシデントも無くレースが進行。ただ周回を重ねる度に、確実にトヨタ2台だけが、後続とのリードを広げていくのが目立ち、地元富士に詰めかけたトヨタファンに”強いTS040ハイブリッド”を披露した。

 結局、後半はピット作業による順位変動を除いてはワンツー状態が崩れることなく、17時00分を迎え、アンソニー・デビッドソン/セバスチャン・ブエミ組の8号車が236周を走破して優勝。今季3勝目を飾った。またアレックス・ブルツ/ステファン・サラザン/中嶋一貴組の7号車が2位に入り、開幕戦に続いてのワンツー・フィニッシュ。ただ、今回は地元富士でのワンツーとあって、チームスタッフの喜びも特別なものがあった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 3位にはティモ・ベルンハルト/マーク・ウェバー/ベルトラン・ハートレー組の20号車ポルシェが入った。スーパーフォーミュラにも参戦しているアンドレ・ロッテラー、ロイック・デュバルが乗るアウディ勢は予想以上の苦戦を強いられ、5・6位。井原慶子が乗り込んだ35号車OAK RACINGは総合9位でLMP2クラス3位に入り、母国レースで悲願の表彰台を獲得した。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-7-6

    【2017F1日本GP】7月9日(日)から西エリアチケット・金曜日券を販売開始

    鈴鹿サーキットは7月9日(日)10:00からF1日本グランプリ「西エリアチケット」および「金…
  2. 2017-6-27

    【2017F1日本GP】F1日本グランプリ まだまだ間に合う特設キャンプエリア予約受付中!

    F1日本グランプリ時の宿をお探しの方! 鈴鹿サーキットの敷地内にある「特設キャンプエリア」…
  3. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1. ©︎Red Bull モータースポーツと学生をつなぐイベントの一環として、関西の各大学が中…
  2. 今年もSUPER GTのGT500クラスに参戦するレクサス勢のドライバーによるファンイベント…
  3. 8月26・27日に鈴鹿サーキットで開催されるSUPER GT第6戦鈴鹿1000kmを前に、ス…
  4. [table id=72 /]…
  5. 毎年運行されるF1日本グランプリ直通バス(JR名古屋駅太閤通口~鈴鹿サーキット第9駐車場内 間)、サ…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る