【SGT】伊沢拓也が最終戦もてぎに参戦!WEC参戦のマコヴィッキィに代わり18号車をドライブ

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 ウイダーモデューロ童夢レーシングは13日、来月ツインリンクもてぎで開催されるSUPER GT第8戦のドライバー体制を一部変更。フレデリック・マコヴィッキィに代わって伊沢拓也が参戦することを明らかにした。

 山本尚貴のパートナーとして第4戦SUGOから復帰を果たしていたマコヴィッキィ。しかし、最終戦もてぎはフル参戦中FIA世界耐久選手権(WEC)のバーレーン戦と日程が重なっているため、SGTは欠場となる。またシーズン序盤に18号車をドライブしていたジャン・カール・ベルネも同日程で開催予定の「マカオGTカップ」に参戦することが決まっており、新しくドライバーを起用する必要が出た。

 伊沢は今季の活動拠点をヨーロッパに移し、GP2シリーズに参戦。そのため国内レースの参戦は取りやめていたが、スーパーフォーミュラは第6・7戦に参戦する新規チーム「DRAGO CORSE」からスポット参戦することになり、GP2のスケジュールとも重なっていないSGT最終戦にも出場が決まった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 山本と伊沢は2010〜2012年までTEAM KUNIMITSUでコンビを組んでおり、2012年の開幕戦と第2戦で2位表彰台を獲得。現在では2人ともホンダ陣営を引っ張るエースドライバーなだけに、最終戦でどんな走りとコンビネーションを見せてくれるのか、非常に楽しみなところだ。

 現在、18号車ウイダーモデューロNSX CONCEPT-GTはドライバーズランキングで山本が6位、チームランキングでも5位につけており、点差が離れていて条件は厳しいものの、逆転タイトルの可能性を残している。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る