【SGT】2014最終戦もてぎ:金曜公式テストはランク首位の36号車ペトロナストムスRC Fが最速

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 2014年のSUPER GT最終戦もてぎ。明日からのレースウィークに先立ち、ツインリンクもてぎで公式テスト走行が13時00分から行なわれた。

 毎年、シーズン前の岡山とシーズン中を含め、計4回開催されていたGTA公式合同テスト。今年は第7戦タイでの車両輸送の関係で9・10月に開催できず、最終戦の前日に3時間強のセッションが設けられた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 通常は午前と午後に2時間ずつの時間が設けられるが、今回は3時間15分のセッションを午後に1回のみ。さらに使用できるタイヤも1台あたり2セットまでと限られていたため、コースコンディションなどの様子をみて走行を始めるチームが多かった。

 サーキット入場料のみで観戦できるとあって、朝から多くのファンが来場しセッションの間も各コーナーで走行シーンの写真を押さえようとアマチュアカメラマンたちが構えていた。また11月ということもあり、15時30分をすぎると日はかなり傾き、鈴鹿1000kmのような夕暮れの中をSGTマシンが疾走するという、もてぎでは滅多に観られない光景も広がった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 途中、スピンやコースオフにより何度か赤旗が出たが、特に大きなクラッシュはなく16時15分にチェッカー。GT500クラスのトップはランキング首位のNo.36 PETRONAS TOM’S RC F(中嶋一貴/ジェームス・ロシター)で1分39秒460を記録した。今回はWEC参戦のため2戦欠場した一貴はチャンピオン獲得権利がなくロシターのドライバーズタイトルと、36号車としてのチームタイトル獲得に全力を尽くす。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 2位には0.255秒差でNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)。トップから6ポイント差のランキング3位だが、ウェイトハンデとリストリクターハンデがなくなる最終戦で本領を発揮したいところ。3位にはトップから7ポイント差のランキング4位につけるNo.12 カルソニックIMPUL GT-R(安田裕信/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)が続いた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 4位にはNo.18 ウイダーモデューロNSX CONCEPT-GT(山本尚貴/伊沢拓也)。WEC参戦で欠場するマコヴィッキィに代わり伊沢拓也がNSX CONCEPT-GTで初レース。昨年は、ここで思わぬ苦戦を強いられた18号車だが今回は力強い走りを見せた。山本はトップから14ポイント差と厳しい状況だが地元レースだけに奮起を期待したいところ。そして5位にはNo.37 Keeper TOM’S RC F(伊藤大輔/アンドレア・カルダレッリ)。途中、90度コーナーでコースオフし赤旗の原因を作ってしまうシーンも見られたが、前半は良いペースで走行。自力での逆転チャンピオンが可能なチームだけに、こちらも目が離せない。

 こうして最終戦を前にした合同テストはランキングのトップ5がほぼ順当に上位を占める結果に。明日の予選から火花を散らす戦いが観られそうだ。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 GT300クラスは昨年ここを制したゲイナー勢がワン・ツーを独占。1位がNo.10 GAINER Rn-SPORTS SLS(植田正幸/山内英輝)、2位がNo.11 GAINER DIXCEL SLS(平中克幸/ビヨン・ビルドハイム)となった。チャンピオン争いが白熱しており、ゲイナーのメルセデスSLSとBMW勢の一騎打ちになっている。ポイント的にはNo.4 グッドスマイル初音ミク Z4(谷口信輝/片岡龍也)が有利だが、こちらも最後まで何が起こるか分からない。

 注目の最終戦もてぎ、公式予選は15日(土)13時30分から始まる。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る