【F1】ヘレス合同テスト開幕!初日はフェラーリに移籍したベッテルが最速!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©Ferrari
©Ferrari

 2015年のF1開幕に向けて、いよいよ恒例のプレシーズン合同テストがスペインのヘレスサーキットで開幕した。

 初日となった2月1日はチャンピオンチームのメルセデスをはじめ7チームが参加。先日新車発表を済ませたマクラーレン・ホンダの姿も観られた。

 晴天に恵まれたヘレスでは、午前・午後共に各チームが勢力的に周回を重ねた。昨年は新規定の1.6リッターV6ターボエンジン+エネルギー回生システムの「パワーユニット」での初テストだったため、トラブルで全く走れないマシンも多数見られたが、今年は2年目ということもあり、大半がおおきなトラブルを抱えることなくプログラムを消化。特にメルセデスは初日から157周も走破し、他を圧倒した。

 注目のテスト1日目でトップタイムを叩き出したのはフェラーリ。今年から跳ね馬の真っ赤なレーシングスーツに身を包むことになたセバスチャン・ベッテルが1分22秒620を記録した。ヘルメットも、これまでのカラフルなデザインから真っ白なものドイツ国旗が描かれるデザインに一新。2番手には同じフェラーリのパワーユニットを使うマーカス・エリクソン(ザウバー)が入り、今年は何としても王座奪還のために結果が求められるフェラーリ陣営にとっては好スタートとなった。

 王者メルセデスはニコ・ロズベルグが初日を担当し3番手。また注目のマクラーレン・ホンダはフェルナンド・アロンソがドライブ。午前中に6周を消化し1分40秒738とトップから約18秒遅れとなってしまった。

 パワーユニットでのテスト走行がほぼ初めてということを考えると、本格的なペースアップはこれからということになりそうだ。

【2015F1ヘレス合同テスト1日目(2月1日)結果】
1:セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)1分22秒620/60周
2:マーカス・エリクソン(ザウバー)1分22秒777/73周
3:ニコ・ロズベルグ(メルセデス)1分23秒106/157周
4:ダニエル・リカルド(レッドブル)1分23秒338/35周
5:バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)1分23秒906/73周
6:カルロス・サインツJr(トロ・ロッソ)1分25秒327/46周
7:フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)1分40秒738/6周

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る