【F1】2015ヘレステスト4日目:ライコネン最速、フェラーリPU勢が4日連続でトップ2独占!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©Ferrari
©Ferrari

 2月1日に始まったF1のヘレス合同テストは最終日の4日目を迎えた。この日もフォース・インディアを除く8チームが参加し、勢力的にデータ収集などが行われた。

 午前中は路面が濡れていたこともありインターミディエイトタイヤを使用するチームがほとんどだったが、徐々にコンディションも回復していった。

 今回は初日からフェラーリ勢が好調。2日連続でセバスチャン・ベッテルがトップタイムを記録した。その流れを引き継いだキミ・ライコネン。昨日こそ2番手だったが、最終日はさらにタイムを更新し1分20秒841。全日程の中でのベストタイムを叩き出しトップでテストを終えた。2番手はマーカス・エリクソン(ザウバー)が入り、フェラーリのパワーユニットを使用する2チームが4日連続でタイムシートの上位2つを独占する結果となった。

 3番手にはルイス・ハミルトン(メルセデス)、4番手には史上最年少デビューを果たすマックス・フェルスタッペン(トロ・ロッソ)がつけた。

 マクラーレン・ホンダはジェンソン・バトンが走行を担当。ピット出口でマシンが止まってしまい、メカニックの手で押し戻されるというシーンも見られたが、この日も着実に周回を重ね35周を記録。ベストタイムは1分27秒660で、トップから6.8秒遅れだが着実な手応えを掴んでヘレステストを終えた。

 次回は19〜22日の4日間で、バルセロナ(カタロニアサーキット)合同テストが開催される。

【2015F1ヘレス合同テストテスト4日目(2月4日)結果】
1:キミ・ライコネン(フェラーリ)1分20秒841/106周
2:マーカス・エリクソン(ザウバー)1分22秒019/112周
3:ルイス・ハミルトン(メルセデス)1分22秒172/117周
4:マックス・フェルスタッペン(トロ・ロッソ)1分22秒553/97周
5:フェリペ・マッサ(ウイリアムズ)1分23秒116/73周
6:ロマン・グロージャン(ロータス)1分23秒802/53周
7:ダニール・クビアト(レッドブル)1分23秒975/64周
8:ジェンソン・バトン(マクラーレン)1分27秒660/35周

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る