【SGT】ゲイナー、10号車に千代勝正が加入!メルセデスSLS GT3&日産GT-R GT3の2台体制に

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 SUPER GTのGT300クラスに参戦するゲイナーは18日、今季参戦体制を発表した。今回は2台目となる10号車に、千代勝正が加入することが明らかになった。

 千代は2012年にNDDP RACINGでGT300クラスを経験。その後は海外の耐久シリーズに参戦している。先日行なわれたバサースト12時間耐久では見事な走りで、ウォルフガング・ライプ、フローリアン・ストラウスとともに総合優勝を勝ち取った。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU
[(左)千代勝正、(右)ゲイナー2台目の10号車は日産GT-R GT3]

 パートナーはGT500参戦経験もあるアンドレ・クート。今年は千代が加入したことで、11号車だけでなく10号車もエース並みの体制が敷かれることに。なお10号車のマシンは日産GT-R NISMO GT3。今年戦闘力が大幅にアップしたと言われているマシンを獲得した。

 なお、ブランパン耐久シリーズにエントリーしている為、日程が重複する第3戦タイと第6戦SUGOは欠場。代役は富田竜一朗が務める。

 また11号車については、すでに昨年末に体制が明らかになっており平中克幸とビヨン・ビルドハイムのコンビが続投。マシンもメルセデス・ベンツSLS AMG GT3を使用する。昨年は惜しくも同ポイントで逃した昨年のGT300チャンピオン争い。今年こそタイトル奪還を目指し開幕戦に向けて準備を進めている。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る