【F1】2015バルセロナテスト(後半)1日目:マッサが最速、マクラーレンはまたトラブルに見舞われる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©Pirelli

 2015年のF1開幕まで2週間に迫った26日、カタロニア・サーキットで最後のプレシーズン合同テストが始まった。

 前回と同じ場所ということで各チームとも朝から積極的にペースアップ。中でも際立った動きを見せていたのが王者メルセデス陣営。ルイス・ハミルトンがいきなり1分24秒881を出して午前中セッションのトップに浮上。これまで長い間ロングランでのデータ収集やセッティングの合わせこみを重視してきたが、最終テストでいよいよ本領を発揮という速さをみせた。ところが午後になってMGU-Kのトラブルが発生し、早々とテスト終了。結局この日は3番手に終わった。

 トップタイムは同じメルセデスのパワーユニットを積むフェリペ・マッサ(ウイリアムズ)で1分23秒500を記録。なお装着していたのはソフトタイヤだった。2番手にはマーカス・エリクソン(ザウバー)が続いている。

 注目のマクラーレン・ホンダは先日クラッシュを喫したフェルナンド・アロンソが不在の中でテストを開始。初日はジェンソン・バトンが担当したが油圧系トラブルに見まわれ、わずか7周のみに終わってしまう。開幕に向けて残されている時間も少なく、早急なトラブル解決などの対応に追われている。

【2015F1バルセロナ合同テスト(後半)1日目(2月26日)結果】
1:フェリペ・マッサ(ウイリアムズ)1分23秒500/103周
2:マーカス・エリクソン(ザウバー)1分24秒276/122周
3:ルイス・ハミルトン(メルセデス)1分24秒881/48周
4:ダニール・クビアト(レッドブル)1分25秒947/75周
5:ロマン・グロージャン(ロータス)1分26秒177/75周
6:キミ・ライコネン(フェラーリ)1分26秒327/80周
7:カルロス・サインツJr(トロ・ロッソ)1分26秒962/86周
8:ジェンソン・バトン(マクラーレン)1分31秒479/7周

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2018-9-25

    【2018F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 ドライバー、チームがTw…

最近の記事

  1. いよいよ今週末開幕する2018F1日本グランプリに向け、続々とドライバーたちが来日。舞台とな…
  2. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 ドライバー、チームがTw…
  3. 10月5日~7日に開催される2018F1日本グランプリ。毎年、決勝日には多数の観客が鈴鹿サーキットに…
  4. 毎年、F1日本グランプリ期間中に鈴鹿サーキットからJR鈴鹿サーキット稲生駅方面のサーキット道…
  5. 10月4日(木)~8日(月・祝)に開催されるF1日本グランプリに向けて、「5807分の1サポーター」…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る