【SGT】岡山国際サーキットで今季初の公式合同テスト開催、GT500は3メーカーのマシンが集結

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

 3月14・15日の2日間にかけて、岡山県の岡山国際サーキットで2015年のSUPER GT公式合同テストが開催され、GT500・300ともに各チームが集結し、テストが行われた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 GT500クラスは全15チームが参加。シーズン用にカラーリングが仕上がっているものもあれば、テスト段階でカーボン時のボディで走るチームと様々。特に昨年王者の日産勢は独自開発が許されているフェンダー部分を大幅に改良した模様。No.1 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)のマシンは外から形状が判別しにくい迷彩カラーでテストを行っていた他、他の日産勢のマシンもフェンダー部分だけカラーリングが施されていない暫定仕様。おそらく来月の開幕戦に向けてさらに磨きがかけられるだろう。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 レクサス勢は、やはりSARDに加入したヘイキ・コバライネンが大人気。お昼休みのピットウォークでも、多くのファンがサインを求めにピット前に集まっていた。テストでも2日間合わせて平手晃平とともに積極的に周回を重ねていた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 ホンダ勢は新チームのドラゴ・モデューロ・ホンダ・レーシングが好調。2日目はロングランテスト重視だったためかタイムが伸びなかったものの、1日目はライバルと遜色ないタイムを記録。他のホンダ系チームも昨年からの遅れを取り戻す勢いが感じられた週末となった。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 初日の総合トップはNo.24 D’Station ADVAN GT-R(佐々木大樹/ルーカス・オルドネス)が1分19秒341でトップ。2日目もNo.1 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)も1分20秒270でトップに出るが、僅差でレクサス勢も続くタイムシートに。またホンダはロングラン走行を中心としたプログラムをこなしていた模様で、まだどこのメーカーが有利なのかは判断が難しい合同テストとなった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2018年シーズンから、FIA(国際自動車連盟)と各国のASN(日本ではJAF)とプロモータ…
  2. 7月8日(日)から西エリアチケット、金曜日券、“Dinner Party with Lege…
  3.   ドライバーをはじめ多くのF1関係者が利用することで人気のレストンラン「SHUN」、をはじめ…
  4. 日本GPを開催する鈴鹿サーキットは、今年の観戦チケットを7月末までに購入した方に「チケットデザインが…
  5. 5月13日(日)の2018F1日本グランプリ観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用で…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る