【SGT】2015岡山公式合同テスト:GT300は11号車ゲイナーSLSが一歩リード、マザーシャシー勢も参加

©KANSENZYUKU

 3月14・15日の2日間にかけて、岡山県の岡山国際サーキットで2015年のSUPER GT公式合同テスト。GT300クラスはNo.11 GAINER DIXCEL SLS(平中克幸/ビヨン・ビルドハイム)が2日間ともトップタイムを記録し、ライバルより一歩リードした。

 今年もGT300FIA-GT3勢を筆頭にBRZやCR-Z GTなどのJAF-GT車両が参戦。さらに昨年の夏に発表されたGTAのマザーシャシーを使用するマシンなどが岡山国際サーキットに集結した。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 特にトップ争いで見ると、昨年のチャンピオンチームであるグッドスマイルレーシングがマシンをメルセデスSLSに変更。名門ゲイナーとの「SLS対決」に注目が集まっている。0号車の初音ミクSLSもフロントウインドウに「テストでも負けるのはいやだ!」というメッセージで登場。しかし、フタを開けてみれば岡山を得意とする11号車ゲイナーSLSが初日に2日目も1分27秒404でトップに浮上。SLS対決では開幕を前に一歩リードをみせた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 他にもDirectionがフェラーリ458を投入した他、LMcorsaがレクサスRC F GT3にマシンをスイッチ。周回を重ねていた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 またマザーシャシー勢では久しぶりに復帰を果たす土屋エンジニアリングのNo.25VivaC 86 MC(土屋武士/松井孝充)が2日目に4番手タイムを記録しGT3勢の間に割って入った。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 とにかく多種多彩のマシンが揃った今年のGT300だが、実力差も拮抗しており2日目はトップ10台が1秒以内にひしめいている。今年はGT500だけではなく、GT300のバトルからも目が離せない。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る