【SGT】2015岡山公式合同テスト:GT300は11号車ゲイナーSLSが一歩リード、マザーシャシー勢も参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

 3月14・15日の2日間にかけて、岡山県の岡山国際サーキットで2015年のSUPER GT公式合同テスト。GT300クラスはNo.11 GAINER DIXCEL SLS(平中克幸/ビヨン・ビルドハイム)が2日間ともトップタイムを記録し、ライバルより一歩リードした。

 今年もGT300FIA-GT3勢を筆頭にBRZやCR-Z GTなどのJAF-GT車両が参戦。さらに昨年の夏に発表されたGTAのマザーシャシーを使用するマシンなどが岡山国際サーキットに集結した。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 特にトップ争いで見ると、昨年のチャンピオンチームであるグッドスマイルレーシングがマシンをメルセデスSLSに変更。名門ゲイナーとの「SLS対決」に注目が集まっている。0号車の初音ミクSLSもフロントウインドウに「テストでも負けるのはいやだ!」というメッセージで登場。しかし、フタを開けてみれば岡山を得意とする11号車ゲイナーSLSが初日に2日目も1分27秒404でトップに浮上。SLS対決では開幕を前に一歩リードをみせた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 他にもDirectionがフェラーリ458を投入した他、LMcorsaがレクサスRC F GT3にマシンをスイッチ。周回を重ねていた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 またマザーシャシー勢では久しぶりに復帰を果たす土屋エンジニアリングのNo.25VivaC 86 MC(土屋武士/松井孝充)が2日目に4番手タイムを記録しGT3勢の間に割って入った。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 とにかく多種多彩のマシンが揃った今年のGT300だが、実力差も拮抗しており2日目はトップ10台が1秒以内にひしめいている。今年はGT500だけではなく、GT300のバトルからも目が離せない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る