【SGT】2015第2戦富士:エントリーリストとピット割が発表

©KANSENZYUKU

2015年のSUPER GT第2戦FUJI GT500km RACEのエントリーリストとピット割が公式サイトで発表されている。

今回もGT500は15台、GT300は27台がエントリーしている。今回は決勝のレース距離が500kmということもあり、GT300では第3ドライバーをエントリーさせているチームもいくつかある。

また第2戦から恒例のウェイトハンデも搭載される。前回の岡山で勝ったNo.37 Keeper TOM’S RC F(アンドレア・カルダレッリ/平川亮)とNO.31 TOYOTA PRIUS apr GT(佐々木孝太/中山雄一)は40kgのウェイトハンデ。なお、31号車はWEC参戦の嵯峨宏紀に代わって佐々木孝太がドライブする。

©KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

同時にピット割も公開されている。GT500はピット入口(最終コーナー側)から日産、ホンダ、レクサスの順。GT300ではGSRとStudieがレクサス寄りのピット、JLOCやGAINERは日産よりのピットとなっている。またNo.25 VivaC 86 MC(土屋武士/松井孝充)などの86のマザーシャシーユーザーは一番出口よりの離れたピットビルになっている。

富士スピードウェイのピットは非常に広く、ピットウォークでの移動距離も長くなるため、お目当てのドライバー・チームのピットを事前に確認しておくと当日効率よく動けるだろう。

2015第2戦富士:GT500エントリーリスト
2015第2戦富士:GT300エントリーリスト
2015第2戦富士:ピット割

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る