【SGT】2015第2戦富士:40kgウェイトのプリウスGTがポールポジションを獲得!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

2015年のSUPER GT第2戦富士の公式予選が2日、富士スピードウェイで行われ、No.31 TOYOTA PRIUS apr GT(佐々木孝太/中山雄一/嵯峨宏紀)がポールポジションを獲得した。

晴天に恵まれたサーキットには、各コーナーともに多くのファンが集まりゴールデンウィークならではの賑やかな雰囲気に。その中でGT300予選は同様に激しいものになった。

まず上位13台に絞り込まれる予選Q1。ここで速さをみせたのがNo.31 TOYOTA PRIUS apr GT(嵯峨宏紀/中山雄一)だった。前回岡山で優勝し40kgのウェイトハンデを積んでいるにも関わらず1分36秒519という驚異的なタイムをマーク。2位以下に1秒の大差をつけ、さらにコースレコードも更新して次の佐々木孝太にバトンを渡した。

©KANSENZYUKU

続くQ2。プリウスが有利かと思われたがGT-R GT3勢。メルセデスSLS勢が応戦。まずはNo.11 GAINER TANAX SLS(平中克幸)が1分37秒318を記録し暫定トップに立つが、プリウスを駆る佐々木孝太が1分37秒251で更新。しかし、そこにNo.10 GAINER TANAX GT-R(アンドレ・クート)、No.3 B-MAX NDDP GT-R(高星明誠)がタイムを更新しトップが目まぐるしく入れ替わる。ここ富士を得意とするGT-R GT3勢がポールかと思われたが、連続アタックをしていた佐々木が1分36秒952を叩き出し再逆転。一方抜かれた高星もセクタータイムでは肉薄したが、わずか0.076秒届かずチェッカーフラッグ。40kgを積んいるにも関わらずプリウスがポールポジションを獲得。佐々木はGT300での通算PP記録を13回に伸ばした。

ここ富士ではポールポジションや優勝など愛称が良いプリウス。これに対し、FIA GT3勢がどのように対抗していくか、明日の決勝レースはGT300クラスも目が離せない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る