【SGT】2015第2戦富士:40kgウェイトのプリウスGTがポールポジションを獲得!

©KANSENZYUKU

2015年のSUPER GT第2戦富士の公式予選が2日、富士スピードウェイで行われ、No.31 TOYOTA PRIUS apr GT(佐々木孝太/中山雄一/嵯峨宏紀)がポールポジションを獲得した。

晴天に恵まれたサーキットには、各コーナーともに多くのファンが集まりゴールデンウィークならではの賑やかな雰囲気に。その中でGT300予選は同様に激しいものになった。

まず上位13台に絞り込まれる予選Q1。ここで速さをみせたのがNo.31 TOYOTA PRIUS apr GT(嵯峨宏紀/中山雄一)だった。前回岡山で優勝し40kgのウェイトハンデを積んでいるにも関わらず1分36秒519という驚異的なタイムをマーク。2位以下に1秒の大差をつけ、さらにコースレコードも更新して次の佐々木孝太にバトンを渡した。

©KANSENZYUKU

続くQ2。プリウスが有利かと思われたがGT-R GT3勢。メルセデスSLS勢が応戦。まずはNo.11 GAINER TANAX SLS(平中克幸)が1分37秒318を記録し暫定トップに立つが、プリウスを駆る佐々木孝太が1分37秒251で更新。しかし、そこにNo.10 GAINER TANAX GT-R(アンドレ・クート)、No.3 B-MAX NDDP GT-R(高星明誠)がタイムを更新しトップが目まぐるしく入れ替わる。ここ富士を得意とするGT-R GT3勢がポールかと思われたが、連続アタックをしていた佐々木が1分36秒952を叩き出し再逆転。一方抜かれた高星もセクタータイムでは肉薄したが、わずか0.076秒届かずチェッカーフラッグ。40kgを積んいるにも関わらずプリウスがポールポジションを獲得。佐々木はGT300での通算PP記録を13回に伸ばした。

ここ富士ではポールポジションや優勝など愛称が良いプリウス。これに対し、FIA GT3勢がどのように対抗していくか、明日の決勝レースはGT300クラスも目が離せない。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る