【SGT】2015第2戦富士:前年王者のMOTUL AUTECH GT-Rが本領発揮!驚異的な速さでポール獲得

©KANSENZYUKU

2015年のSUPER GT第2戦富士。GT500クラスは昨年チャンピオンのNo.1 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が驚異的な速さをみせ、1分27秒552でポールポジションを獲得した。

まずは全15台から8台に絞られる予選Q1。午前中の公式練習でエンジントラブルに見舞われ、全く走行ができなかったNo.100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GT(山本尚貴/伊沢拓也)が真っ先にコースイン。Q1担当の山本がチェック走行を行い、予選アタックに備えた。

これ以降はいつも通り、残り時間がギリギリになるところまで各車ともにガレージ前で待機。サーキットは一瞬静かになり緊張感が高まった。そして残り8分前後になると一斉にコースイン。第1戦にも増して激しいタイムアタック合戦が繰り広げられた。

その中でも速さをみせたのが日産GT-R勢。特に午前中から絶好調だった1号車は松田次生がコースレコードを大きく上回る1分28秒022を記録。2番手にNo.12 カルソニックIMPUL GT-Rの安田裕信が0.1秒差で迫るが、3番手以降hに0.8秒以上の差をつける圧倒的な強さをみせつけた。その一方でNo.46 S Road MOLA GT-R(本山哲/柳田真孝)がわずかの差でQ2進出を逃した他、トラブルの影響が出た100号車も満足にアタックができずQ1脱落。さらに前回岡山で見事優勝を飾ったNo.37 Keeper TOM’S RC F(アンドレア・カルダレッリ/平川亮)もウェイトハンデの影響からか14番手に沈んだ。

続くQ2。松田からバトンを受け取ったクインタレッリも他を圧倒。いきなり1分27秒675でコースレコードを更新。これでポールは確定だったが、クインタレッリは手を緩めず次の周もアタック。0.1秒さらに更新し1分27秒552。ポールポジションを確定させた。

2番手には0.3秒差で12号車、3番手にはNo.38 ZENT CERUMO RC F(立川祐路/石浦宏明)が入った。予選でGT-R勢が頭一つ抜け出た印象があるが、明日は500kmと長距離戦。最後まで何が起こるか分からないレースになりそうだ。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る