【SGT】2015第2戦富士:前年王者のNo.1 MOTUL AUTECH GT-Rが完璧なポール・トゥ・ウィン!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

 2015年のSUPER GT第2戦富士。GT500クラスはポールポジションからスタートしたNo.1 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が完璧すぎるレース運びで今季初優勝を飾った。

 スタートからトップを快走。序盤からNo.12 カルソニックIMPUL GT-R(安田裕信/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)とのマッチレースになっていたが、中盤スティントを担当した松田、そして最終スティントを担当したクインタレッリが確実な走りをみせ、最終的には11秒の差をつけチェッカー。開幕戦岡山ではブレーキトラブルで脱落を余儀なくされたが、今回はチャンピオンらしい堂々とした走りでファンを魅了した。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 2位にはそのまま12号車が入り日産GT-Rがワン・ツー。3位にはNo.36 PETRONAS TOM’S RC F(伊藤大輔/ジェームス・ロシター)が続いた。またGT300クラスでもFIA GT3仕様の日産GT-Rがワン・ツーフィニッシュを飾り、日産勢が終始強さを発揮したレースとなった。

途中経過(1)注目の決勝レースがスタート!序盤から大荒れの展開に
途中経過(2)GT500はニスモvsインパルの一騎打ちへ、GT300もGT-R NISMO GT3が先行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 10月5日~7日に開催される2018F1日本グランプリ。毎年、決勝日には多数の観客が鈴鹿サーキットに…
  2. 毎年、F1日本グランプリ期間中に鈴鹿サーキットからJR鈴鹿サーキット稲生駅方面のサーキット道…
  3. 10月4日(木)~8日(月・祝)に開催されるF1日本グランプリに向けて、「5807分の1サポーター」…
  4. 2018年シーズンから、FIA(国際自動車連盟)と各国のASN(日本ではJAF)とプロモータ…
  5. 7月8日(日)から西エリアチケット、金曜日券、“Dinner Party with Lege…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る