【2015鈴鹿8耐】注目の公式予選がスタート!ヤマハワークスの中須賀が2分06秒877をマーク!ストーナーも高橋巧のベストタイムを更新!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

2015年”コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレースは2日目を迎え、朝から公式予選が始まっている。今年はエントリー84チームと多く、この予選で下位14台が予選落ち。8時間の決勝レースに出走できない。また明日行われるトップ10トライアル出場をかけた上位陣の争いも白熱するため、セッション1回目から激しいタイムアタック合戦が展開されている。

予選は第1、2、3ライダーがそれぞれ与えられた時間にコースインしタイム計測。チームベストのタイムが採用され、順位が決定。このうち上位10チームが明日のトップ10トライアルに進む。

午前中から気温33度、路面温度43度と夏らしいコンディションとなった鈴鹿サーキット。いきなり速さをみせたのが、今年からワークス体制で8耐復帰を果たした[21]YAMAHA FACTORY RACING TEAM。全日本3連覇中の中須賀克行が2分06秒877を記録。早くも同じAグループで突出したタイムを叩き出すとともに、昨年の金曜予選でトップタイムだった[634]マイケル・ファン・デル・マークが記録した2分07秒839を1秒上回った。

続くBグループでは、昨年のポールシッターである[12]ヨシムラ・スズキ・シェル・アドバンスの津田拓也が奮起。中須賀から0.081秒差に迫る2分06秒968を記録。結局、この2台のみが2分06秒台で頭一つ抜きでており、全日本でもライバル関係にある2人がいきなり火花を散らすセッションとなった。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

そして注目のケーシー・ストーナーも限られた予選セッションの中でファンを魅了。第3ライダー枠のセッション開始早々に2分08秒台をマーク。一度ピットに戻って再びコースインすると、チェッカーフラッグが振られる周にチームベストだった高橋巧のタイムを上回る2分08秒113を記録。金曜日から熱心にサーキットへ駆け付けているファンからは拍手が沸き起こった。

この後、お昼休みのピットウォークを挟んで、14時30分から2回目の予選が行われトップ10トライアルのメンバーが正式に決まる。

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1. 2017年のSUPER GT富士合同テスト。2日目のセッションは残念ながら降雪により走行がキ…
  2. 2017年のSUPER GT開幕まで2週間となった25日、富士スピードウェイでスタート。初日…
  3. 今年も東京モーターサイクルショーが行われている東京ビックサイトで、「2017コカ・コーラ鈴鹿…
  4. ©︎Pirelli いよいよ、2017年のF1世界選手権が24日、オーストラリアのメルボル…
  5. 2017年のSUPER GT開幕を2週間後に控えた3月25・26日に今季2回目となる公式合同…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る