【2015鈴鹿8耐】4時間経過:SCが4度入る大荒れの展開、YAMAHA FACTORY RACING TEAMがトップで後半へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

 第38回”コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間ロードレースは快晴の中、11時30分スタート。ホールショットを決めたのは5番手からスタートした[17]Team KAGAYAMA 清成 龍一。しかし直後のS字で[634]MuSASHi RT HARC-PRO. 高橋 巧にパスされ、さらに2周目の西ストレートで[12]YOSHIMURA SUZUKI Shell ADVANCE Alex LOWESがトップを奪い1周目を終える。

 ポールポジションからスタートした[21]YAMAHA FACTORY RACING TEAM 中須賀 克行は、スタートに失敗し大きくポジションを落とし1周目を終えた時点で11番手。その後はファステストを出しながら4周目には4番手まで浮上、トップが見える位置まで順位を挽回。5周目には[12]Alex LOWESから[634]高橋 巧がトップを奪い返し、[634]MuSASHi RT HARC-PRO.、[12]YOSHIMURA SUZUKI Shell ADVANCE、[778]F.C.C. TSR Honda、[21]YAMAHA FACTORY RACING TEAMの4台でトップ争いが繰り広げられた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 25周を終え、[634]高橋 巧からCasey STONERへ、[12]Alex LOWESから津田 拓也へそれぞれライダーチェンジ。アウトラップで[634]Casey STONERがトップへ浮上、真後ろから虎視眈々と トップを狙う[12]津田 拓也が130Rで大きくコースアウトし[634]Casey STONERから大きく遅れる。

 [21]YAMAHA FACTORY RACING TEAMは28周も走りピットイン。中須賀 克行からBradley SMITHへライダー交代を行う。

 [634]Casey STONERが2位以下を引き離しにかかった32周目、ペアピン手前110Rでフロントを取られ大クラッシュ。マシンは大破しリタイアとなった。この時点でMuSASHi RT HARC-PRO.の3連覇の夢は絶たれた。Casey STONERの転倒でセーフティー カーが入り、事実上のトップ争いは[21]YAMAHA FACTORY RACING TEAM、[12]YOSHIMURA SUZUKI Shell ADVANCE、[778]F.C.C. TSR Hondaの3台となる。

 46周目にスプーンカーブで[66]ナンカイ部品 オーテックスズカレーシングのマシンがハイサイドで転倒し、2回目のセーフティーカーが入る。53周目に[12]津田 拓也からAlex LOWESへライダーチェンジ。[21]YAMAHA FACTORY RACING TEAMは60周目に[21]Bradley SMITHからPol ESPARGAROへライダーチェンジが行われた。この次の周には早くも[12]Alex LOWESを捉え[21]Pol ESPARGAROがトップを周回。

©KANSENZYUKU

 83周目には白煙を出したマシンにより本日3回目となるセーフティーカーが入った。このタイミングで[21]YAMAHA FACTORY RACING TEAMが [21]Pol ESPARGAROから中須賀 克行へとライダーチェンジした。[12]津田 拓也が92周目のシケインで転倒を期し[21]YAMAHA FACTORY RACING TEAMとの差が35秒へと広がる。この後、スプーンとヘアピンでの転倒があったため4回目のセーフティーカーが入った。

4時間を経過し[21]YAMAHA FACTORY RACING TEAMが1996年以来の8耐制覇に向けてレースを折り返した。

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-5-3

    【SGT】2017第2戦富士:予選日開幕!早くも昨年を大きく上回る賑わいに

    2017年のSUPER GT第2戦「FUJI GT500km RACE」が3日、富士スピード…
  2. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1. 今年で101回目を迎えた伝統のレースイベント「インディ500」で、佐藤琢磨(アンドレッティ・…
  2. 2017年のSUPER GT第2戦「FUJI GT500km RACE」。GT300クラスは…
  3. 2017年のスーパーGTシリーズ第2戦の決勝レースが4日、富士スピードウェイで開催。GT50…
  4. 第40回目の記念大会となる鈴鹿8時間耐久ロードレース。今年は10代から20代に向けた、レース…
  5. ©︎H.Yoshii 2017年のSUPER GT第2戦富士。注目の公式予選が3日、富士ス…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る