【鈴鹿】ソーラーカーレース鈴鹿2015決勝…三浦愛が今年も活躍!大阪産業大学が4連覇達成!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

 今年も日本最高峰のソーラーカーレース「FIA ALTERNATIVE ENERGIES CUP ソーラーカーレース鈴鹿2015」が8月1日、三重県の鈴鹿サーキットで開催された。

 鈴鹿では毎年恒例のイベントとして続いているソーラーカーレース。今年も全国の学校や企業、団体など54チームが5クラスに分かれて参戦。灼熱の鈴鹿で熱戦を繰り広げた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 午後のFIAオリンピア、チャレンジ、ドリームクラスの5時間耐久レースでは、序盤からOSU 大阪産業大学がトップを奪いリード。このソーラーカーレース参戦もきっかけとなり、今では全日本F3選手権(Nクラス)に活躍する三浦愛が順調に周回。後続との差を広げていく。今年もライバル不在の独走劇になるかと思われたが、今年初出場となるTEAM RED ZONE(FIAオリンピアクラス)が善戦。直前まで開発されたマシンは、なんと前日のフリー走行がシェイクダウン。それでもスピード面では大阪産業大学を上回っており、レース中も4分00秒354のファステストラップを記録。1周のラップタイムだけで見ればOSUを20秒も圧倒してみせた。

 しかし新車ゆえに初期トラブルが続出。ピットストップ時にもタイヤが外れないなどアクシデントが発生。最終的にOSUの先行を許す形となってしまった。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 この他にも、暑さゆえにトラブルが続出したがOSUは盤石の走りでトップを快走。前年の記録を8周更新する66周を走破。最終的に2位のRED ZONEに3周差をつけ17時過ぎにチェッカー。チーム4連覇を記録。そして三浦愛自身も通算6度目となるソーラーカーレースでの優勝を飾った。TEAM RED ZONEは終盤まで粘り強い追い上げで総合2位。それでも初出場ながらFIAオリンピアクラス優勝を獲得。総合3位には芦屋大学ソーラーカープロジェクトが続いた。

 今年も母校の活躍の原動力となった三浦愛。2015年の全日本F3(Nクラス)でも、3勝を挙げランキング2位。今後も活躍に期待がかかる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 10月5日~7日に開催される2018F1日本グランプリ。毎年、決勝日には多数の観客が鈴鹿サーキットに…
  2. 毎年、F1日本グランプリ期間中に鈴鹿サーキットからJR鈴鹿サーキット稲生駅方面のサーキット道…
  3. 10月4日(木)~8日(月・祝)に開催されるF1日本グランプリに向けて、「5807分の1サポーター」…
  4. 2018年シーズンから、FIA(国際自動車連盟)と各国のASN(日本ではJAF)とプロモータ…
  5. 7月8日(日)から西エリアチケット、金曜日券、“Dinner Party with Lege…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る