【SGT】2015第5戦鈴鹿:No.36 PETRONAS TOM’S RC Fが鈴鹿1000kmで2連覇!!

©KANSENZYUKU

2015年のSUPER GT第5戦鈴鹿1000km。大波乱のレースをNo.36 PETRONAS TOM’S RC F(伊藤大輔/ジェームス・ロシター)が制し、今季初優勝を飾った。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

雨の中で始まった決勝レース。No.15 ドラゴ モデューロNSX CONCEPT-GT(小暮卓史/オリバー・ターベイ)などホンダ勢がリードするが、35周を過ぎたところで14番手から追い上げてきたNo.100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GT(山本尚貴/伊沢拓也)。リードを築いていく。しかし雨が上がった中盤には36号車が追い上げ、2回目のピットストップで逆転。レースの主導権を握る。

今年は鈴鹿1000kmはスタートから雨から晴れてドライへ。さらにアクシデントも多く2回のセーフティカーが出動した。SC先導を終えてレースが再開すると乾いた路面でRC F勢が強さを発揮しリードを広げると120周目にはNo.38 ZENT CERUMO RC F(立川祐路/石浦宏明)が100号車をパスし2位に浮上。レクサス勢がワン・ツーを独占する。

トップの36号車は勢いが止まらず、2位に1分近い差をつけてロシターが最終スティントへ。終盤になって再び雨がパラつき始めるが最後までベストなペースを維持。今回は雨でのペースダウンと2度のSCにより、規定周回よりも先に最大延長時間(18時25分)を先に迎え、163周でチェッカー。36号車が鈴鹿1000km2連覇を飾った。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

2位には38号車セルモ、3位には12号車インパルが入り、中盤まで上位を走っていた100号車は終盤燃費が厳しくなりペースダウン。最終的に5位でチェッカーを受けた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

パルクフェルメに帰ってきたロシターはマシンを降りると、長いレースで疲れたのか、マシンの横に座り込むシーンも見られたが、関谷監督と伊藤が駆けつけると笑顔でフォトセッションに応じていた。

第5戦終了時点でのランキングは12号車がトップを維持し51ポイント。それを38号車が44ポイントで2位、36号車が43ポイントで3位と続いている。ボーナスポイントを多く獲得したチームが上位に進出した。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る