【SGT】2015第6戦SUGO:1分11秒台のタイムアタック合戦を制しS Road MOLA GT-Rが今季初PP!

©H.Yoshii
©H.Yoshii

2015年のSUPER GT第6戦SUGO。注目の公式予選が19日、スポーツランドSUGOで行われた。

朝は汗ばむほどの日差しが降り注いだSUGOだったが、午後の予選になると若干曇り空になり涼しいコンディションとなったが、GT500の予選はQ1から0.001秒を争う熱いタイムアタックバトルが展開された。

今回は燃料リストリクター制限を受けながらも搭載ウェイトが少ないチームが躍進。中でもトータル58kgウェイトのNo.100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GT(山本尚貴/伊沢拓也)が速さをみせる。Q1で山本が1分11秒927を叩き出しトップに浮上。午前中の公式練習に続いてトップ通過かと思われたが、No.24 D’Station ADVAN GT-Rの佐々木大樹が0.014秒更新しトップ通過を決める。一方、ランキング上位陣はウェイトハンデの影響もあり苦戦。首位のNo.12 カルソニックIMPUL GT-R(安田裕信/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)は14位、ランク2位のNo.38 ZENT CERUMO RC F(立川祐路/石浦宏明)も13位と揃って後方に沈みQ1脱落となった。

©H.Yoshii ©H.Yoshii
©H.Yoshii

続くQ2も、100号車が躍進。伊沢が渾身のアタックを披露し、Q1の山本を上回る1分11秒819を叩き出す。コンディションの変化が原因したのか、他車はなかなか1分12秒台を切ることが出来ず、100号車のポールポジションかと思われた。しかしウェイトハンデはわずか2kgしか違わないNo.46 S Road MOLA GT-Rの本山哲が0.212秒更新。1分11秒607のコースレコードで今季初のポールポジションを獲得した。

©H.Yoshii
©H.Yoshii

2番手には山本/伊沢組の100号車。3番手にはNo.64 EPSON NSX CONCEPT-GT(中嶋大祐/ベルトラン・バゲット)が続き、ホンダ勢の活躍も光る予選となった。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る