【2015F1日本GP】F1日本グランプリ開幕を4日後に控えた鈴鹿に行ってきました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

15日に続いて鈴鹿下見第二弾!!!
シルバーウィーク真っただ中、超秋晴れの天気も手伝い遊園地には多くの家族連れが、駐車場もほぼ満車でした。
通常、鈴鹿まで1時間半あれば着くところを高速度道路の渋滞もあり倍の3時間で到着(T_T)/
下見を前に少々疲れてしまいました(;^ω^)

さて、今回の下見は前回のパドック、観戦席周りだけでなく遊園地内も行ってきましたよ~!!!
F1開催前に大型連休ということで、いつもなら木曜にOPENする臨時のグッズショップがすでに開店しF1関連グッズを取り扱っていました。ショップ店員さんは、チーム×鈴鹿サーキットコラボレーションTシャツで接客中。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

レースアナウンサー ピエール北川氏の「〇ピ」グッズを発見!
早速、クリップボードを購入しました。Tシャツも買おうかな??

©KANSENZYUKU

メインゲートを入ってすぐのグルメプラザには、人気の洋菓子店・和菓子店とコラボした新しいお土産がすでに販売中!!
『chez Shibata(シェ・シバタ)』とコラボした「鈴鹿キャラメルさんど」や、名古屋で有名な洋菓子店『REGNIE(レニエ)』とコラボした「鈴鹿ショコラクッキー」。和菓子では吾妻茶寮の「鈴鹿人形焼き」など、人気店のお菓子揃いです!
今年のお土産はこれで決まり??

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

メインステージ・スポンサーボースは木曜からのOPENに向けて建設が始まっていました。
昨年までマルボロのブースがあった場所には2階建てのブースが!ホンダかな??

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

続いて、やってきたのがパドック。
5日前よりさらにF1パドックらしくなってきました。
レッドブルとフェラーリは、すでにピット内のバーテンションを準備していたのですが、「ん?待てよ。今日ってシンガポールで決勝だよね」と言うことは、最低2セットの用意があるんですね。
ヨーロッパを離れて転戦するフライアウェイ戦では、連戦が続く際にはシンガポールには行かない別のスタッフが先に鈴鹿入りして作業を行います。さすがF1!!

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

そして今回はコース内の下見も行いました。
通常とは違い、縁石やタイヤバリアが綺麗に塗り替えられていました。

芝生も綺麗に刈られF1仕様のコースに生まれ変わってきています。

大型ビジョンは西コース以外はほぼ完成。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU
さて、いかがでしたか?
次の更新は22日の火曜日。
この頃にはマシンも搬入され、シンガポールからスタッフが到着し更に準備が進んでいると思います。

みなさん、いよいよ週末はF1日本グランプリです。準備はできていますか??
観戦塾では火曜日から鈴鹿入りし、現地の様子を伝えていきます。
お楽しみに~(^▽^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
矢田 靖也

矢田 靖也観戦塾代表

投稿者プロフィール

1991年に初サーキット、初F1で現地の雰囲気に感動し、一人でも多くの方に感動を味わって欲しいと1998年に観戦塾を開設。
今日に至る。。。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1. ©︎TOYOTA 1月19日に開幕した2017年のWRC開幕戦ラリー・モンテカルロ。18年…
  2. SUPER GTに参戦するGAINERは21日、2017年の参戦体制を発表した。 20…
  3. 鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…
  4. ©︎MOBILITYLAND 今年も10月6・7・8日に鈴鹿サーキットで開催される2017…
  5. ©︎Red Bull レッドブルの若手育成チームである「レッドブル・ジュニア・チームは18…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る