【SGT】2015第6戦SUGO:マザーシャシーが悲願の初優勝!土屋/松井組が波乱のSUGOを制する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©H.Yoshii
©H.Yoshii

 2015年のSUPER GT第6戦SUGO。GT300クラスはNo.25 VivaC 86 MC(土屋武士/松井孝充)が優勝を飾り、今年から本格参戦しているGTAマザーシャシー勢では初の勝利となった。

 No.55 ARTA CR-Z GT(高木真一/小林崇志)を先頭にスタートが切られるが、ウェイトハンデも影響し2番手の25号車(松井)が序盤から勢いをつける。徐々に55号車(高木)を追い詰め7周目の1コーナーでトップに躍り出る。その後、27周目にGT500の車両が接触しクラッシュ。セーフティーカーが導入された。ちょうど全体の3分の1をすぎるということもあり、ピットレーンがオープンになると各車一斉にピットイン。幸いピット入口側だった25号車は混乱を避けピットアウトするものの、出口側だった55号車はピットストップスペースに上手く止められず大きくタイムロスをしてしまう。

©H.Yoshii ©H.Yoshii
©H.Yoshii

 これにより25号車が後続に対して大きなアドバンテージを得ることに。さらにマシンの開発に携わり今年はエンジニアも兼任する土屋が安定の走りを披露。そのままトップチェッカーを受け、悲願のマザーシャシー初優勝を飾った。2位にはNO.31 TOYOTA PRIUS apr GT(嵯峨宏紀/中山雄一)、3位にはNo.11 GAINER TANAX SLS(平中克幸/ビヨン・ビルドハイム)が入った。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 以前はポルシェでチームを率いて参戦していた土屋だったが、資金面の問題もあり最近は1人のドライバーとして参戦するケースが多かった。昨年8月に発表されたマザーシャシーの開発に着手し、今年は「土屋エンジニアリング」としてGT300に復帰。プライベーターとして毎日マシンのメンテナンスとスポンサー獲得などレース以外の面でも奮闘。その努力が、ここSUGOで実った。

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1. 2017年のSUPER GT富士合同テスト。2日目のセッションは残念ながら降雪により走行がキ…
  2. 2017年のSUPER GT開幕まで2週間となった25日、富士スピードウェイでスタート。初日…
  3. 今年も東京モーターサイクルショーが行われている東京ビックサイトで、「2017コカ・コーラ鈴鹿…
  4. ©︎Pirelli いよいよ、2017年のF1世界選手権が24日、オーストラリアのメルボル…
  5. 2017年のSUPER GT開幕を2週間後に控えた3月25・26日に今季2回目となる公式合同…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る