【SF】イオンモール鈴鹿でスーパーフォーミュラPRイベント開催、可夢偉が最終戦で勝利宣言!?

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 今年も最終戦を残すのみとなった2015全日本選手権スーパーフォーミュラ。その最終戦の舞台となる鈴鹿サーキット近くにあるイオンモール鈴鹿でPRイベントが行われ、多くのファンや買い物客などで賑わった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 今シーズンはイオンと協力し、特にレース開催地に近いイオンモールでレースのPRイベントを開催。今回は「ベルシティ」の愛称でレースファンからも知られているショッピングモールでの開催となった。

 当日はチームルマン協力のもと、2013年まで使用されていたSF13が2台持ちこまれ、7号車はコックピット搭乗体験用。もう1台の8号車はサーキットでもお馴染みのマシン解体ショーで使用。またタイヤ交換体験コーナーも実施され、子どもたちも積極的に参加していた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 この日は午前、午後とトークショーも2回開催され同チームでフル参戦中の小林可夢偉が登場。2012年のF1日本グランプリでの3位表彰台をはじめ鈴鹿では数々の名バトルを繰り広げてきているだけあって、熱心な可夢偉ファンも多数集まった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 今年は参戦初年度ながら第5戦オートポリスで予選2位を獲得。第2戦岡山、第5戦オートポリスで2度表彰台にも上がっている。限られた時間内でのトークショーだったが、今年のスーパーフォーミュラの魅力や難しさなどをドライバー目線で語っていた。そして最終戦の鈴鹿については「2レース制で2回チャンスがあるから、最低でも1つは勝ちたいね」と、力強く勝利宣言していた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 トークショー後は豪華景品が当たるジャンケン大会や、サイン会も行われ、可夢偉は最後まで笑顔でファンと交流。最後に「最終戦は面白いレースになると思うので、是非観に来て下さい」とPRしていた。注目の最終戦鈴鹿は、今年もJAFGPタイトルで開催。公式予選は11月7日、決勝は11月8日(2レース制)で行われる。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る