【東京モーターショー2015】いよいよ明日開幕!国内外の主要メーカーがお台場に集結

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

TOKYO MOTOR SHOW 2015

 いよいよ2年に一度開催される国内最大級の自動車ショー「第44回東京モーターショー2015」が明日開幕する。

 今回も会場は東京・お台場にある東京ビックサイト。国内外の4輪・2輪メーカーを始め商用車や部品メーカーなどが一同に介して新型のコンセプトモデルなどを発表、展示する。

 今年は特に目玉となる新型モデルの発表や日本初公開モデルも多数あるため、例年以上に見逃せないモーターショーになりそうだ。

 その中でもホンダは次世代のスポーツモデル2台を登場。すでに海外の自動車ショーでお披露目されている新型NSXと新型シビック TYPE Rが東京モーターショーを皮切りに日本で初公開される。この他にもフランクフルトモーターショーで登場し話題を集めた「Honda Project 2&4 powered by RC213V」も展示予定だ。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU
[前回の東京モーターショーの様子]

 またトヨタは4代目となる新型プリウスがアンヴェール。日本での発売情報も含め、28日のプレスブリーフィングで公開される予定。その他に燃料電池自動車の新コンセプト版「FCV PLUS」なども公開される。

 日産も日本初出展のクルマが多数。中でも注目を集めそうなのが「NISSAN CONCEPT 2020 VISION GRAN TRUISMO」だ。昨年のグッドウッドで初公開されたコンセプトモデルで、ゲームのグランツーリスモシリーズと共同で開発された1台。ゲームの世界から生み出された1台がビックサイトで観覧可能となるのだ。

 この他にも海外ではメルセデス、BMW、アウディ、ポルシェなど注目メーカーが出展予定。見所満載のモーターショーになることは確実だろう。

 今回の全日程だが、まず報道関係者向けの先行公開「プレスデー」が10月28日(水)・29日(木)にわたって行われ、一般公開は30日(金)から11月8日(日)までとなっている。前回は期間中に90万2800人を動員したが、今回は途中に祝日(11月3日:文化の日)も挟んでおり、さらに来場者は増えそうだ。

入場料金は以下の通りだ。
<前売入場券>※10月29日まで発売
一般:1,400円、高校生:400円、中学生以下:無料

<当日入場券>
一般:1,600円、高校生:500円、中学生以下:無料

<アフター4入場券>※16時以降から入場可能な券
一般:700円、高校生:200円、中学生以下:無料

チケット購入方法、その他詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る