【JSB1000】MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦 中須賀 前人未到の4連覇を優勝で飾る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

JSB1000クラスのレース1はウォームアップラップ中にハイサイドで1台が転倒しスタートディレイが宣告され、1周減の9周で争われた。
ホールショットは3番手からスタートした高橋巧(MuSASHi RT ハルク・プロ)。2番手は加賀山就臣(Team KAGAYAMA)、ポールポジションからスタートした中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)は3番手で最初の1周を終える。
2番手からスタートした津田拓也(ヨシムラスズキシェルアドバンス)は出遅れ1周目5番手まで順位を落とすが3周目のシケインで加賀山を、6周目には渡辺一樹(Team GREEN)を交わし3番手まで浮上。
中須賀は2周目の1コーナーで前を行く加賀山をパスし、130R手前でトップを走る高橋をパス、あっという間にトップに浮上すると後続をぐんぐん引き離し2位と3.734のギャップを作る完璧なレース展開で優勝、JSB1000クラスで誰も成し得なかった4連覇を達成し、6度目のチャンピオンを獲得した。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

ファイナルラップは前を行く高橋とテールトゥノーズの激しいバトルを展開し、ストレートで速さを魅せる津田がバックストレッチで高橋をパスし2位となった。
レース1を終えランキング3位に浮上した渡辺とランキング3位から4位に順位を落とした野左根航汰(YAMALUBE RACING TEAM)の2人がランキング3位をかけて戦う事になりレース2も目が離せないレースになるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

矢田 靖也観戦塾代表

投稿者プロフィール

1991年に初サーキット、初F1で現地の雰囲気に感動し、一人でも多くの方に感動を味わって欲しいと1998年に観戦塾を開設。
今日に至る。。。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2018年シーズンから、FIA(国際自動車連盟)と各国のASN(日本ではJAF)とプロモータ…
  2. 7月8日(日)から西エリアチケット、金曜日券、“Dinner Party with Lege…
  3.   ドライバーをはじめ多くのF1関係者が利用することで人気のレストンラン「SHUN」、をはじめ…
  4. 日本GPを開催する鈴鹿サーキットは、今年の観戦チケットを7月末までに購入した方に「チケットデザインが…
  5. 5月13日(日)の2018F1日本グランプリ観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用で…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る