【SGT】2015第7戦オートポリス:12号車インパルが待望の今季初ポールポジションを獲得!

©H.Yoshii
©H.Yoshii

 2015年のSUPER GT第7戦オートポリス。注目の公式予選が31日に行われた。

 標高が高い場所にあるオートポリスはすっかり秋も深まり朝晩は冷え込みが厳しいほど。予選時も晴天に恵まれたものの、気温12度、路面温度25度というコンディションになった。

 8ポイント以内に6台がひしめく激しいチャンピオン争いが繰り広げられているGT500クラス。No.12 カルソニックIMPUL GT-R(安田裕信/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)以外は燃料リストリクター制限が外れたが、逆に上位メンバーは40kg台と重いハンデに苦しめられてしまい、No.100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GT(山本尚貴/伊沢拓也)、No.46 S Road MOLA GT-R(本山哲/柳田真孝)が相次いでQ1敗退となる。

 そんな中、Q1で速さをみせたのがNo.24 D’Station ADVAN GT-Rの佐々木大樹。1分33秒176を叩き出しトップ通過。今週末はヨコハマタイヤ勢の調子が良くNo.19 WedsSport ADVAN RC F(脇阪寿一/関口雄飛)も4番手でQ2進出する。

©H.Yoshii ©H.Yoshii
©H.Yoshii

 ポールポジションが決まるQ2。ここで速さをみせたのがランキング首位で唯一燃料リストリクターが付いている12号車。実は前回SUGOでのペナルティポイント累積により、安田が公式練習全てで走行禁止。オリベイラのみがマシンのセットアップに専念した。予選Q1ではぶっつけ本番となった安田だが、きっちりと3番手タイムをマーク。オリベイラにバトンを渡すとQ2で渾身のアタックを披露し、1分32秒835をマーク。従来のコースレコードを大きく更新するとともに暫定トップに浮上する。ライバルもタイム更新を狙うが1分33秒台が精一杯でオリベイラを上回ることができない。Q1トップ通過を果たしたクルムも1分33秒564と伸びず4番手に終わる。

©H.Yoshii
©H.Yoshii

 結局トップが入れ替わることがないままチェッカーとなり、12号車が今季初のポールポジションを獲得。2番手にNo.38ZENT CERUMO RC F(立川祐路/石浦宏明)、3番手にNo.1 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が続いた。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る