【SGT】2015第7戦オートポリス:GT-R同士のトップ争いが白熱!MOTUL AUTECH GT-Rが今季2勝目をマーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 2015年のSUPER GT第7戦オートポリス。注目の決勝レースが11月1日に行われた。

 昨日同様に寒い1日となったオートポリス。気温14度、路面温度17度の中でスタートした。GT500クラスは序盤からNo.12 カルソニックIMPUL GT-R(安田裕信/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)とNo.38 ZENT CERUMO RC F(立川祐路/石浦宏明)の一騎打ちとなる。序盤は12号車のオリベイラがリードを広げにかかるが、GT300との混走が始まると接近。何度か横に並びかけるが、オリベイラが冷静にラインをつぶしトップを死守した。一方の38号車を駆る立川は中盤になるとペースが上がらず逆に後方から迫ってきたNo.1 MOTUL AUTECH GT-R(ロニー・クインタレッリ)にパスされてしまう。

©H.Yoshii ©H.Yoshii
©H.Yoshii

 ここから12号車と1号車のトップ争いが白熱。35周を終えたところで1号車が先にピットイン。クインタレッリから松田次生に交替。新しいタイヤでペースを上げ逆転を目指す。トップの12号車は39周終わりでピットイン。オリベイラから安田にバトンタッチする。

©M.Yoshida ©M.Yoshida
©M.Yoshida

 順位は入れ替わることなくコースに復帰したが、交換したての冷えたタイヤでペースが上がらない12号車に、1号車が接近。41周目の1コーナーでパスしトップに浮上した。しかし、ランキング首位を走る12号車の安田もなんとしてもトップを奪い返すべく猛追。47周目の第2ヘアピンでインに飛び込むがオーバーラン。そのクロスラインを使って松田がトップを奪い返そうとするが、外側から立ち上がってきた安田と接触した。12号車のサイドパーツが一部飛び散ったが両者ともにそのままレース続行。安田はその後も果敢に攻めに行くが、松田を攻略することができない。

©H.Yoshii ©H.Yoshii

 トップ争いの決着がつき始める中、3位争いが終盤に白熱する。38号車が終始表彰台の一角をキープしていたが、終盤の雨で濡れ始めた路面を生かして追い上げてきた塚越広大/武藤英紀組のKEIHIN NSX CONCEPT-GTが最終周の3コーナーで38号車を捉え3位へ。ホンダ勢が表彰台を一角を死守する。

 最後の最後まで続いたトップ争いは1号車が先にチェッカーを受け今季2勝目を獲得。2位には12号車、3位に17号車が続いた。これでシリーズランキングは12号車の安田/オリベイラ組が66ポイントで1位変わらず、2位に1号車(松田/クインタレッリ組)が64ポイントまで伸ばし2ポイント差まで接近。2週間後の最終戦もてぎで決着がつくことになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る