【SGT】2015第7戦オートポリス:NDDP GT-Rが大逆転で優勝!クートが最終戦を待たずに王座確定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©H.Yoshii
©H.Yoshii

 2015年のSUPER GT第7戦オートポリスの決勝レース。GT300クラスは8番手からスタートしたNo.3 B-MAX NDDP GT-R(星野一樹/高星明誠)が今季2勝目を挙げた。

 GT300クラスはスタート前から波乱が起きる。2番手のNo.31 TOYOTA PRIUS apr GTが8分ウォームアップ前にクラッチトラブルが発生。なんとピットスタートを余儀なくされてしまう。さらに6番手だったNo.25 VivaC 86MC(土屋武士/谷川達也)もグリッド上でトラブルが発生。マシンがピットに押し戻されてしまうこととなった。そんな波乱の中レースがスタート。ポールポジションのNo.2 シンティアム・アップル・ロータス(高橋一穂/加藤寛規)が序盤から後続を引き離していく。一方2番手に上がったNo.55 ARTA CR-Z GT(高木真一/小林崇志)はペースが上がらず後続を抑えこんでしまう格好に。「1分のリードをつけてバトンタッチしてほしい」と高橋から頼まれていた加藤だったが、序盤から10秒以上のリードを築き、高橋にバトンをつなぐ。

 高橋が乗り込み、トップでコースに復帰した2号車だったが、背後には思いもよらぬライバルがいた。早めにピットストップを終えて順位を上げていた3号車NDDP GT-Rだ。タイヤが冷えていてスピードが上がらない2号車に3号車の高星が接近。44周目の1コーナーでパスしトップに浮上する。

©H.Yoshii ©H.Yoshii
©H.Yoshii

 逆転チャンピオンのためには最低でも優勝が必要な3号車。高星はトップ浮上後もアクセルを緩めずリードを広げていく。しかし、チャンピオンに王手をかけているNo.10 GAINER TANAX GT-R(アンドレ・クート/千代勝正)が14番手から着実に追い上げ、残り15周を切ったところで3番手に浮上。さらに2位を走っていた2号車ロータスがタイヤバーストに見舞われ脱落。チャンピオン決定圏内となる2番手浮上した。

©H.Yoshii
©H.Yoshii

 結局、今回もGT-Rの2台がトップ2を独占しチェッカーフラッグ。星野/高星組は第3戦タイに続く今季2勝目。2位に入った10号車はクートが最終戦を待たずしてチャンピオンを決めた。なお3位にはNo.7 Studie BMW Z4(ヨルグ・ミューラー/荒聖治)が続いた。

 チャンピオンを獲得したクートだが、レース後のコメントでは「結果的に僕がチャンピオンだけど、これは千代と富田、そしてチームの全員でとったタイトルなんだよ」ということを強調していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る