【東京モーターショー2015】盛況のうちに閉幕、総来場者数は812,500人で前回を下回る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

10月28日に東京ビックサイトで始まった第44回東京モーターショー2015は、11月8日に閉幕。一般公開日の総来場者数は812,500人となり、前回(第43回)を下回る結果となった。

今回は例年より1ヶ月早い10月末〜11月初旬での開催。時期がずれた理由は明確にはなっていないが、11月下旬開催予定のロサンゼルス・モーターショーとのバッティングを避ける思惑があったようだ。しかし、モータースポーツシーズン真っ只中での開催ということもあってか、SUPER GTとスーパーフォーミュラのレースが重なった週末は例年と比べて来場者数も低迷気味。最終日も悪天候になったこともあってか、74,700人と大台である10万人を大きく下回った。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

逆に今回印象的だったのは平日の来場者の伸び。これまで平均6〜7万人だったのが、今回は8万人弱まで達する勢いだった。これは新導入された「アフター4チケット」の効果も大きかったと見られている。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

また今年は2020年の東京オリンピックを意識してか、自動運転システムの技術を紹介するブースが多く、来場者の多くも足を止めて説明を聞いたり、実際にシミュレーターで体験をしていた。しかし、例年以上にスポーツモデルの展示や、レーシングカー、特に現行のF1マシンが2台も登場し、幕張メッセ時代にもあった「カッコいいクルマ」が久々にモーターショーの場に帰ってきていたという印象だ。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

次回の東京モーターショーは2017年に開催予定。記念すべき第45回開催を迎えることになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2018年シーズンから、FIA(国際自動車連盟)と各国のASN(日本ではJAF)とプロモータ…
  2. 7月8日(日)から西エリアチケット、金曜日券、“Dinner Party with Lege…
  3.   ドライバーをはじめ多くのF1関係者が利用することで人気のレストンラン「SHUN」、をはじめ…
  4. 日本GPを開催する鈴鹿サーキットは、今年の観戦チケットを7月末までに購入した方に「チケットデザインが…
  5. 5月13日(日)の2018F1日本グランプリ観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用で…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る