【F1】ルノー、ロータスを買収し2016年からワークス体制に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©K.Oda/KANSENZYUKU

 F1にパワーユニットサプライヤーとして携わっているルノーは3日、現在のロータスF1チームを買収して2016年のF1世界選手権にワークス体制で参戦することを正式発表した。

 1977年の初参戦以降、通算35勝を挙げ2度のコンストラクターズチャンピオン(エンジンサプライヤーとしての成績を除く)を獲得。日本のF1ファンの間ではマイルドセブンカラーのマシンが印象に残っているという方も多いだろう。

 2011年いっぱいでチームとしての活動から一旦離れ、1990年代から実績のあるエンジンサプライヤーとしての活動に専念。最近では2010年から4年連続でレッドブル・レーシングと組んでコンストラクターズタイトルを4度獲得。もちろんセバスチャン・ベッテルの史上最年少4連覇にも貢献した。

©K.Oda/KANSENZYUKU ©K.Oda/KANSENZYUKU

 しかし、2014年から「パワーユニット規定」に変わってからは低迷。2年間でわずか3勝。今年はついに未勝利に終わってしまった。これが原因でレッドブルとは一時喧嘩別れにまで発展。そのまま撤退という噂も流れていた。

 ルノーのカルロス・ゴーンCEOは「「ルノーには2つの選択肢しかなかった。100%ルノーとしてカムバックするか撤退か。様々な協議の結果、我々は2016年にF1世界選手権にチームとして復帰することを決めた」とコメント。とは言いつつ「結果を出すには3年はかかるだろう」と慎重な見方も示しており、長期的に再びフランスの名門メーカーをチャンピオンに導くプロジェクトであることも明らかにした。

 なおドライバーについては、ロマン・グロージャンの離脱がすでに決定しており、ゴーン社長も「一度見直しをする」と明言。ロータスとして2016年もパストール・マルドナードの続投は決まっていたが、これも今後は変更があるかもしれない。

 いずれにしても、来年はF1界で慣れ親しまれ、数々の名勝負と栄光を作り上げてきたルノーワークスがグリッドに帰ってくることになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2018-9-25

    【2018F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 ドライバー、チームがTw…

最近の記事

  1. いよいよ今週末開幕する2018F1日本グランプリに向け、続々とドライバーたちが来日。舞台とな…
  2. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 ドライバー、チームがTw…
  3. 10月5日~7日に開催される2018F1日本グランプリ。毎年、決勝日には多数の観客が鈴鹿サーキットに…
  4. 毎年、F1日本グランプリ期間中に鈴鹿サーキットからJR鈴鹿サーキット稲生駅方面のサーキット道…
  5. 10月4日(木)~8日(月・祝)に開催されるF1日本グランプリに向けて、「5807分の1サポーター」…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る