【WEC】小林可夢偉、TOYOTA GAZOO RacingからWECフル参戦決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 トヨタは4日、東京都内で2016年のモータースポーツ体制発表会を行い、昨年は全日本選手権スーパーフォーミュラで活躍した小林可夢偉がWEC(世界耐久選手権)のTOYOTA GAZOO Racingのドライバーとしてフル参戦することが明らかになった。

 2014年まではF1を主戦場としていた可夢偉。昨年は実質12年ぶりに国内レースへ復帰しスーパーフォーミュラに参戦。その一方でWECのトヨタチームのリザーブドライバーも務めていた。

 今回、発表されたWECのドライバー体制は基本的に昨年と変わらず。引退を表明したアレックス・ブルツのシートを引き継ぐ形で、ステファン・サラザン、マイク・コンウェイとともにフル参戦する。

 また当日はマシンのカラーリングも発表。翌日にパリでシリーズ概要発表があるため、話題の新マシンTS050ハイブリッドは登場せず、TS040が用意されたが、今までの白と青のカラーリングが一新され、TOYOTA GAZOO Racingのイメージカラーでもある白・赤・黒のデザインに。これも1990年代のSWC時代のワークスカラーを連想させるような印象も与えている。

 また今年も2台体制で参戦し、もう1台にはアンソニー・デビッドソン、セバスチャン・ブエミ、中嶋一貴がステアリングを握る。なお2台ともカーナンバーについては未定。おそらく5日にパリで開かれるWECシリーズ概要発表で明らかになると思われる。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 今回の発表にはテストのスケジュール等の兼ね合いもあり、一貴と可夢偉のみが参加した。そして2人とも引き続きスーパーフォーミュラにも全戦参戦の予定だ。

 今年はF1ではなくWECという形で世界の舞台に挑戦する可夢偉。一方の一貴も彼岸のル・マン24時間総合優勝に向けて気合十分といったところ。今年も2人のWECでの走りから目が離せない。

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…
  2. 2017-5-3

    【SGT】2017第2戦富士:予選日開幕!早くも昨年を大きく上回る賑わいに

    2017年のSUPER GT第2戦「FUJI GT500km RACE」が3日、富士スピード…

最近の記事

  1. 2017年のSUPER GT第2戦「FUJI GT500km RACE」。GT300クラスは…
  2. 2017年のスーパーGTシリーズ第2戦の決勝レースが4日、富士スピードウェイで開催。GT50…
  3. 第40回目の記念大会となる鈴鹿8時間耐久ロードレース。今年は10代から20代に向けた、レース…
  4. ©︎H.Yoshii 2017年のSUPER GT第2戦富士。注目の公式予選が3日、富士ス…
  5. 2017年のSUPER GT第2戦「FUJI GT500km RACE」が3日、富士スピード…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る