【SGT】レクサスの2016年体制が発表、セルモとサード以外の4台はドライバーシャッフル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 2016年のSUPER GT(GT500)のドライバーズラインナップ。3メーカーの先陣を切ってトヨタが体制発表を4日に都内で開催。ドライバーシャッフルの多い布陣となった。

 まず昨年と変更がないのは38号車セルモの立川祐路/石浦宏明。昨年優勝はなかったもののポールポジション獲得など随所で光る走りが見られ、今年はチャンピオン候補に名乗り出る可能性も高い。39号車サードも平手晃平/ヘイキ・コバライネンのコンビで継続。元F1ドライバーのコバライネンはSGT2年目に突入。昨年最終戦でも手応えをつかんでおり、次のシーズンが楽しみと語っていただけに、不気味な存在になりそうだ。

 これ以外の4チームは大幅にシャッフル。6号車ルマンは大嶋和也の新パートナーにアンドレア・カルダレッリが加入。ルマンを離れた国本雄資は19号車バンドウへ移籍。関口雄飛と組む。

 2台体制のトムスも組み合わせを大きく変更。36号車伊藤大輔と昨年の全日本F3王者のニック・キャシディのコンビ。37号車はジェームス・ロシターと平川亮が組むことになった。以上の6台で今年もGT500に参戦をする。

 またチームのカラーリングにも大きく影響されるスポンサー面にも動きがあった。2008年からチームルマンをサポートしていたENEOSが外れ、モータースポーツ界では有名なWAKO’Sが新たにスポンサード。カラーリングも今までのオレンジから大幅に変わる予定だ。

 さらにTOM’Sの36号車も体制発表時に配られたリリースでは、スポンサーの名前も入る車両名が未定となっている。こちらも2008年からペトロナスのスポンサーを受けてきたが、これについても変わる可能性があるようだ。

そして、ドライバーズラインナップ発表の後に、2001年からトヨタ・レクサスのドライバーとしてGT500クラスを牽引してきた脇阪寿一が、GT500からの引退を発表。事前に噂は出ていたものの、こうして体制発表の場でGT500引退を表明するとは思ってもおらず、出席した関係者の中にも驚いた表情をみせた方もいた。なお、今季についてはチームルマンの監督として大嶋、カルダレッリをサポートしていくという。

 今シーズンのSUPER GTは4月9・10日に開幕する。

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1. 2017年のSUPER GT富士合同テスト。2日目のセッションは残念ながら降雪により走行がキ…
  2. 2017年のSUPER GT開幕まで2週間となった25日、富士スピードウェイでスタート。初日…
  3. 今年も東京モーターサイクルショーが行われている東京ビックサイトで、「2017コカ・コーラ鈴鹿…
  4. ©︎Pirelli いよいよ、2017年のF1世界選手権が24日、オーストラリアのメルボル…
  5. 2017年のSUPER GT開幕を2週間後に控えた3月25・26日に今季2回目となる公式合同…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る