【SGT】脇阪寿一のGT500引退に多くのファンが反応…SNS等に多数のメッセージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 4日に都内で行われたTOYOTA GAZOO Racingのモータースポーツ体制発表での脇阪寿一がGT500引退を発表。そこから一夜明け、彼の公式twitterなどにはファンからメッセージが多数集まっている。

 シーズンの最初のイベントともいえる体制発表の場で、引退表明という過去にはあまり例がない形での発表。突然のニュースに驚いたというファンも多かった様子。その後、彼のTwitterには数え切れないほどのメッセージがファンから寄せられている。

 大半は18年にわたってGT500という第一線の舞台で活躍し続けるだけでなく、レースの魅力、クルマの魅力を伝えるべく様々な方面で活躍をねぎらうように「お疲れ様でした。」という書き込みが多数。また今季からチームルマンの監督就任についても「第2章、楽しみにしています」 「これからも頑張ってください」と、新しい活動を応援しようという前向きなコメントも見られた。

 前述の通り、18年にわたって日本のモータースポーツを牽引する立場も担っていた脇阪が、ついに第一線を退くということで、モータースポーツ媒体だけでなく一般のニュースメディア等でも取り上げられ、それで初めて彼の引退を知った方からも「ショック」「寂しい」「もっと走っている姿を見たかった」と、引退を惜しむ声もSNS等で上がっていた。中には「プレイングマネージャー希望!」や、「2人が不甲斐ない走りをしていたら俺が乗る!とか言ってほしい」など、どこかで現役続投を望んでいるファンの声もあった。

©TOYOTA ©TOYOTA
©TOYOTA

 2009年のチャンピオンを経て、翌年末でトムスを離脱。それ以降はシートを求めてクラフト、サード、バンドウと渡り歩き、その姿をよく思わない意見も当時は少なからずあった。しかし、いざ引退発表という事実、国内モータースポーツ界を牽引してきた「脇阪寿一」という大きな存在がドライバーズラインナップからいなくなるという事実に、なかなか吹っ切れない思いを持っているファンも多いようだ。

 なお、今季はチームルマン監督以外にもスーパー耐久、86/BRZ Raceなどに参戦を予定しており、レーシングドライバーとしての活動は続けていくそうだ。

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-5-3

    【SGT】2017第2戦富士:予選日開幕!早くも昨年を大きく上回る賑わいに

    2017年のSUPER GT第2戦「FUJI GT500km RACE」が3日、富士スピード…
  2. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1. 今年で101回目を迎えた伝統のレースイベント「インディ500」で、佐藤琢磨(アンドレッティ・…
  2. 2017年のSUPER GT第2戦「FUJI GT500km RACE」。GT300クラスは…
  3. 2017年のスーパーGTシリーズ第2戦の決勝レースが4日、富士スピードウェイで開催。GT50…
  4. 第40回目の記念大会となる鈴鹿8時間耐久ロードレース。今年は10代から20代に向けた、レース…
  5. ©︎H.Yoshii 2017年のSUPER GT第2戦富士。注目の公式予選が3日、富士ス…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る