【SGT】脇阪寿一のGT500引退に多くのファンが反応…SNS等に多数のメッセージ

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 4日に都内で行われたTOYOTA GAZOO Racingのモータースポーツ体制発表での脇阪寿一がGT500引退を発表。そこから一夜明け、彼の公式twitterなどにはファンからメッセージが多数集まっている。

 シーズンの最初のイベントともいえる体制発表の場で、引退表明という過去にはあまり例がない形での発表。突然のニュースに驚いたというファンも多かった様子。その後、彼のTwitterには数え切れないほどのメッセージがファンから寄せられている。

 大半は18年にわたってGT500という第一線の舞台で活躍し続けるだけでなく、レースの魅力、クルマの魅力を伝えるべく様々な方面で活躍をねぎらうように「お疲れ様でした。」という書き込みが多数。また今季からチームルマンの監督就任についても「第2章、楽しみにしています」 「これからも頑張ってください」と、新しい活動を応援しようという前向きなコメントも見られた。

 前述の通り、18年にわたって日本のモータースポーツを牽引する立場も担っていた脇阪が、ついに第一線を退くということで、モータースポーツ媒体だけでなく一般のニュースメディア等でも取り上げられ、それで初めて彼の引退を知った方からも「ショック」「寂しい」「もっと走っている姿を見たかった」と、引退を惜しむ声もSNS等で上がっていた。中には「プレイングマネージャー希望!」や、「2人が不甲斐ない走りをしていたら俺が乗る!とか言ってほしい」など、どこかで現役続投を望んでいるファンの声もあった。

©TOYOTA ©TOYOTA
©TOYOTA

 2009年のチャンピオンを経て、翌年末でトムスを離脱。それ以降はシートを求めてクラフト、サード、バンドウと渡り歩き、その姿をよく思わない意見も当時は少なからずあった。しかし、いざ引退発表という事実、国内モータースポーツ界を牽引してきた「脇阪寿一」という大きな存在がドライバーズラインナップからいなくなるという事実に、なかなか吹っ切れない思いを持っているファンも多いようだ。

 なお、今季はチームルマン監督以外にもスーパー耐久、86/BRZ Raceなどに参戦を予定しており、レーシングドライバーとしての活動は続けていくそうだ。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る