【F1】2016バルセロナテスト(後半)1日目、本領発揮のメルセデスがトップ

©Pirelli
©Pirelli

 2016シーズンのF1開幕前では最後となるプレシーズンテストが1日、スペイン・バルセロナのカタロニアサーキットでスタート。初日はニコ・ロズベルグ(メルセデス)がトップタイムを奪った。

 これまでマイレージを稼ぐことを重視し、様々なパーツの比較テストなどに徹していたメルセデス勢。前半の4日間では使用しなかったソフトコンパウンドのタイヤを初導入。午前中を担当したロズベルグが一気にタイムを上げ1分23秒022をマーク。午後はルイス・ハミルトンに作業を引き継いだが、別メニューだったためタイム更新はならなかった。昨年、一昨年の圧倒的な強さを誇っているメルセデス勢が開幕を前にいよいよ手の内を見せ始め、テストでは今季初トップ。2日目以降もどんなパフォーマンスをみせるのか、楽しみなところだ。

 また前半テストでは好調に周回しつつもトラブルで思うように走り込めなかったマクラーレン・ホンダも、新しいパワーユニットを搭載。リークトラブルも修復して後半テストに登場。この日はフェルナンド・アロンソが93周を走り込み1分24秒735をマーク。この日の全体3番手タイムを記録。まだまだ改善しなければいけないところはある状態だが、少しずつ開幕戦での上位進出に向けてマシンを仕上げにかかっているといったところだ。

 一方、前半テストでは4日中3日でトップタイムを記録していたフェラーリ勢だが、この日は大きなトラブルに見舞われた。午後になってギアボックストラブルで1コーナー手前でストップ。セッション終盤には再び走行を再開したが、前半テストからみても、少しずつトラブルが出始めているのが気になるところ。この日ドライブしたキミ・ライコネンは「そんなに深刻になるようなトラブルではない」とコメントしている。翌日以降、再び速さが取り戻されるか、注目だ。

 また、この後半テストからザウバーが新車「C35」を投入。これで全11チームの2016年マシンが出揃ったことになった。

[table id=29 /]

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. いよいよ、今年もF1日本グランプリの開催が近づいてまいりました。みなさん、観戦の準備は進ん…
  2. 画像:鈴鹿サーキット
    画像:鈴鹿サーキット 鈴鹿サーキットを運営するホンダモビリティランド株式会社は2月2日、20…
  3. 2023AUTOBACS SUPER GT Rd.8が、11月4日・5日に栃木県のモビリティーリゾ…
  4. 2023年 AUTOBACS SUPER GT Rd.7 が大分県のオートポリスで10月14・ 1…
  5. 2023年のAUTO BACS SUPER GT ROUND6『SUGO GT 300km…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る