【F1】Ferrari Racing DaysでF1マシンが鈴鹿サーキットを疾走!

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 フェラーリオーナーが一同に集まるビックイベント「Ferrari Racing Days2016」が5日、鈴鹿サーキットで開幕。かつて鈴鹿で活躍したF1マシン2台が迫力ある走行を披露した。

 昨年は富士スピードウェイで開催されたが、今年は久しぶりに鈴鹿が舞台に。さらにF1マシンも3台登場。2001年にミハエル・シューマッハが従来の鈴鹿コースレコードを塗り替えた「F2001」、同じく2003年の鈴鹿で前人未到の7度目のチャンピオンを獲得した「F2003-GA」。そして現代版のマシン形状になった当初のマシンでもある2010年モデルの「F10」の3台だ。特にF10が実走行する機会はこれまで滅多になかっただけに、その姿を一目見ようと、朝から多くのファンで賑わった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 しかし、残念ながらF10は調子が良くなく午前と午後ともに走行を断念。しかし、残る2台が現役当時と変わらない甲高いエキゾーストノートを響かせ鈴鹿を疾走。特に午後のセッションは日も傾きかけた15時台。ちょうどF1日本グランプリ決勝の瞬間を彷彿とさせるような天気で、午後の陽に照らされた鈴鹿に、フェラーリのV10サウンドが響き渡り、当時の興奮が一瞬蘇ったのではないかと思ってしまうほど、中身の濃い走行時間となった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 ちょうど、翌日の6日10時00分から2016F1日本グランプリの観戦チケットが発売される。「今年もF1日本グランプリに向けた(チケット購入を含め)準備が始まっていく」という実感を与えてくれるような、F1にとってはたまらないサウンドと走行時間だった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 この他にも、日本初上陸のスーパーカー「FXX K」の走行や、フェラーリ・チャレンジ・トロフィーのレースなども開催。同様のプログラムで6日も朝から開催される。お時間がある方は、ぜひフェラーリV10サウンドを堪能しに行ってみてはいかがだろうか。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る