【鈴鹿サーキット】3月19日デビューの『Circuit Challenger(サーキットチャレンジャー)』を体験!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

3月19日にデビューする「Circuit Challenger(サーキットチャレンジャー)」を一足早く体験してきました!
サーキットチャレンジャーはF1日本グランプリを開催する国際レーシングコース(東コース)を走行でき、昨年まで長年親しまれてきたサーキットカートに変わり登場したアトラクションです。
佐藤琢磨選手をプロジェクトアドバイザーに迎え、最先端のEV技術を使用、アクセルとブレーキはハンドル奥のレバーを操作しシフトチェンジも可能なマシンとなっています。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU
ハンドルにアクセルとブレーキを集約することで、ペダルに足の届かない小さなお子さまでも簡単に操作することが可能です。
コース走行中には様々なミッションに挑戦します。その指示は全てレースシーンの無線通話をイメージしたもので臨場感がありドライバーの気分を味わえます。
走行後はマシンにセットした記録カードをデータステーションに挿入する事で走行データ、ラップタイムを確認できるだけでなく、スマートフォンの公式アプリにデータを読み込む事でランキング表示を見ることができます。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©鈴鹿サーキット ©鈴鹿サーキット ©鈴鹿サーキット

世界初!F1開催コースを走るEVアトラクション「Circuit Challenger(サーキットチャレンジャー)」は3月19日(土)に登場します!!

Circuit Challenger(サーキットチャレンジャー)』の詳細
http://www.suzukacircuit.jp/motopia_s/challenger/

鈴鹿サーキット公式アプリの詳細
http://www.suzukacircuit.jp/motopia_s/app/index.html

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

矢田 靖也観戦塾代表

投稿者プロフィール

1991年に初サーキット、初F1で現地の雰囲気に感動し、一人でも多くの方に感動を味わって欲しいと1998年に観戦塾を開設。
今日に至る。。。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2018年シーズンから、FIA(国際自動車連盟)と各国のASN(日本ではJAF)とプロモータ…
  2. 7月8日(日)から西エリアチケット、金曜日券、“Dinner Party with Lege…
  3.   ドライバーをはじめ多くのF1関係者が利用することで人気のレストンラン「SHUN」、をはじめ…
  4. 日本GPを開催する鈴鹿サーキットは、今年の観戦チケットを7月末までに購入した方に「チケットデザインが…
  5. 5月13日(日)の2018F1日本グランプリ観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用で…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る