【SGT】2016第1戦岡山:ヒトコマ集「今年もSUPER GT開幕!」

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

いつも観戦塾をご覧いただきありがとうございます。
今年も、いよいよモータースポーツシーズンややってきましたね!みなさん、どのレースに行こう!とか決めていますか?

さて観戦塾では恒例?となった「ヒトコマ集」。今年も頑張ってやっていきたいと思います!(早速開幕戦から、出遅れちゃっていますが……)

ゆる〜く更新していきますので、今年もお付き合いいただけると幸いですm(_ _)m

【4月8日(金)】搬入日
©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

シリーズの開幕戦では、2016年仕様のカラーリングが登場する最初の機会。もちろんテストの段階から仕上がっているチームもありますが、場合によっては金曜日のピットガレージで最終の仕上げをやっているチームもあります。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

とにかく、全車がこうして揃うのはこの日が初めて!GT500クラスでは、恒例のマシンを並べた写真撮影なども行われます。例えばホンダさんの場合だと、全車がズラッ!っと並んだ写真がポストカードやクリアファイルになって、ピットウォーク等でゲットできたりしますよ。あの写真は、開幕戦の前日に撮っているんです!

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

また、今年は3年ぶりにエヴァRTが帰ってくるとあって、金曜日から大注目!新型のメルセデスAMG GT3に、このカラーリングというのが、またカッコいいですね!

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

日産のピットでは早くもピット練習。2016年最初のレースということもあり、念入りに動きを確認していました。

【4月9日(土)】予選日

SUPER GTのレースウィークはオープンピットからスタートします。やはり開幕戦ということもあり、多くのファンが参加して新カラーを間近で見ていたのが印象的でしたね。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

このオープンピットはパドックパスを購入すれば参加できるプログラム。特にドライバーやレースクイーンが出てくるわけではないので、マシンの撮影に集中できるのがポイント!ただし、予選日の早朝だけしかないものなので、少し早起きが必要ですが・・・。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

イベント広場も大盛況!岡山国際サーキットの名物といえば・・・やっぱりテキサスステーキですか?もちろん、それ以外にも様々な屋台が出ていましたし、最近では恒例と吉野家の販売カーも登場!今ではレース観戦しながら「吉牛」をいただくことができるんですよね!

数年前と比べると「グルメ」という部分も楽しめるのがサーキットの魅力の一つです!

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

こちらも開幕戦恒例の集合写真!マシン同様にドライバーのレーシングスーツも新しくなっています。今年は特に色が変わったところが多い感じですね。

©KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

初日から大人気のピットウォークは、満員御礼!ピーク時は移動するのも困難なほどの人だかりでした。そんな中、DENSO KOBELCO SARD RC Fのピットにはレッドブル・エアレースで活躍中の室屋義秀選手も登場!ドライバー2人と一緒にサインや写真撮影に応じていました。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

ヘイキ・コバライネンも参戦2年目!クマ吉との絡みも慣れてきた様子?(笑)開幕戦はうまく結果に繋がりませんでしたがテストでも速かったため、今年は注目のチームです!

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

そして、こちらもコスチューム初お披露目となる各チームのレースクイーンも登場。とにかく「シーズン初め」なことがいっぱい詰まっているのが開幕戦なんです!

ということで、サービスカット集☆

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

そして午後からは、白熱の公式予選!今回も0.001秒を争う超接戦のタイムアタック合戦が展開されました!

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

GT500はKeeper TOM’S RC Fが昨年に引き続きポールポジションを獲得。GT300は新型FIA-GT3勢を打ち破りVivaC 86 MCがポールポジションを獲得しました!

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

予選後はキッズピットウォーク。少し遅い時間からの開催でしたが、たくさんのファミリーが参加。ドライバーたちからサインももらえますし、キッズピットウォーク限定のイベントなどもあったりします。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

そして何と言っても参加無料!観戦券を持っていれば、専用のパスを追加で買うことなく参加できるのが、家族連れにとってうれしいところ。次回の富士は2パート制で1時間も行われるので、ぜひ参加してみてください!

【4月10日(日)】決勝日

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

予選日とは打って変わり、朝からグランドスタンドは多くのファンで賑わっていました。現在では日産応援団をはじめ各メーカーを応援するファン同士が応援フラッグを振るのが恒例になっていますが、その光景もまた帰ってきましたね。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

ピットウォーク前には、シーズン前にGT500引退を表明した脇阪寿一さんの引退セレモニーが行われました。初めてチャンピオンを獲得したエッソ・ウルトラフロー・スープラでGT500ラストラン。最後は全ドライバーがメインストレートで出迎え、さらには胴上げもサプライズで行われました。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

この時ばかりは、メーカーの枠を超えてサーキットに集まった多くのファンも見守り、最後の声援を贈り続けていました。「脇阪選手、これで引退なんだなぁ」と改めて実感させられた瞬間でした。

いよいよ決勝レース。グリッドウォークも本当に大盛況でした。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

いざ、、、レーススタート!!

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

GT500クラスはチャンピオンのMOTUL AUTECH GT-Rが優勝!GT300クラスは新型のメルセデスAMG GT3が強さをみせ、LEON CVSTOS AMG-GTがチーム初優勝。両クラスともに各所で激しいバトルがみられ、ファンのみなさんも大興奮でした!

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

レース後も楽しめるのが、岡山の開幕戦の特徴。メインストレートの一部を解放。決勝レースを戦ったマシンを間近で見られるのです。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

これは富士スピードウェイとか鈴鹿サーキットなどでは開催されないイベントの一つ。基本的にレースウィークの大まかなイベントは各サーキットともに一緒ですが、細かい部分では、そのサーキットでしか体験できないプログラムもあったりするのが、それぞれの大会での魅力だったりしますよね。

©KANSENZYUKU

いかがだったでしょうか?
今回はかなり駆け足での振り返りになりましたが、現地に行けなかった方々は、これをご覧になって少しでも「岡山国際サーキットに観に行った」気分になっていただければと思います。

また次回もよろしくお願いします!

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る