【スーパー耐久】2016第2戦SUGO:スリーボンド日産自動車大学校GT-Rが今季初PP

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 2016年のスーパー耐久第2戦の公式予選が14日、スポーツランドSUGO(宮城県)で開幕。公式予選でST-XクラスNo.24スリーボンド日産自動車大学校GT-R(内田優大/藤井誠暢/平峰一貴)が総合ポールポジションを獲得した。

 今回は全6クラスを2グループに分けて予選・決勝が行われる。ST-X、ST-1、ST-2、ST-3で構成されるグループ1は11時00分から予選がスタート。特に最高峰のST-Xクラスは0.001秒を争う接戦となった。

 スーパー耐久ではA・B・Cドライバーが時間内にアタックをし、A・Bドライバーの合計タイムで決勝のグリッドが決められる。

 まずAドライバー予選ではNo.3ENDLESS・ADVAN・GT-R、No.8ARN SLS AMG GT3、さらに24号車GT-Rが0.1秒以内にひしめく接戦に。ポールポジションをかけたBドライバー予選では、片岡龍也、星野一樹、荒聖治、藤井誠暢らSUPER GTで活躍するドライバーが登場。さらに激しいタイムアタック合戦が繰り広げられた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 その中で渾身のアタックをみせたのが24号車の藤井。1分21秒293を叩き出し、ポールポジション争いをしていたライバルに差をつける。Bドライバー予選のベストとはならなかったが、合計タイムで2位以下に0.5秒の差をつけポールポジションを獲得。2番手には3号車のGT-R、3番手には8号車のメルセデスSLSが続いた。

 決勝レースは14時40分からスタート。3時間耐久レースが繰り広げられる。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る