【S耐】スリーボンド日産自動車大学校GT-Rが2戦連続PP!注目の敗者復活レースも大盛り上がり!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

 2016年のスーパー耐久第3戦が11日、鈴鹿サーキットで開幕。公式予選はNo.24スリーボンド日産自動車大学校GT-Rが2戦連続でポールポジションを獲得した。

 朝から晴天に恵まれ、真夏日に迫るかの陽気となった鈴鹿サーキット。朝から熱心なレースファンが詰めかけ土曜日だけで1万人のファンが来場した。

 注目の公式予選。ST-Xクラスは開幕2連勝と勢いに乗る24号車がA・Bドライバーともに好タイムをマーク。最終的に2位に1.4秒差をつけ2戦連続でポールポジションを獲得した。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 また今回はST-2クラス以下は上位3位以内に入らないと敗者復活レースに回されることになる。それを免れるべくいつも以上に白熱したタイムアタック合戦が展開された。中でもST-4クラスに参戦するNo.52埼玉トヨペットGreenBrave86は脇阪寿一、脇阪薫一が渾身のアタックを決め、激戦のST-4クラスで見事3位をゲット。いち早く決勝進出を決め兄弟ともに笑顔を見せていた。

 ST-X、ST-1を除く4クラスの4位以下の車両での敗者復活レース「セカンドチャンス100」も夕方に開催。こちらも下位に沈めば予選落ちが決まってしまうとあって、激しいバトルが見られた。100分の短期決戦を終え、合計22台の決勝進出マシンが決定。明日は15時15分にスタートが切られ、4時間後の19時15分にチェッカー予定。初の「S耐ナイトチェッカー」となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2016-10-1

    【2016F1日本GP】入場ゲートオープン時間のお知らせ

    [table id=54 /] ※ゲート名をクリックするとGoogle MAPが起動しゲー…
  2. 2017-1-3

    【東京オートサロン2017】開催スケジュール&チケット情報(1月13・14・15日開催)

    今年も千葉県の幕張メッセで「東京オートサロン2017」が1月13・14・15日に開催される。…

最近の記事

  1. ©︎MOBILITYLAND 今年も10月6・7・8日に鈴鹿サーキットで開催される2017…
  2. ©︎Red Bull レッドブルの若手育成チームである「レッドブル・ジュニア・チームは18…
  3. ©T.Yoshita/KANSENZYUKU 昨年末から注目を集めていたメルセデスのレギュ…
  4. 今年も毎日大盛況だった東京オートサロン2017は、15日に閉幕。3日間の総来場者数は324,…
  5. 今年もSUPER GTのGT300クラスに参戦するスバルは13日、東京オートサロンの会場でモ…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る