【SGT】2016第4戦SUGO:GT300クラスも大混戦のバトルが展開!31号車プリウスが今季初V

©CircuitNow
©CircuitNow

2016年のSUPER GT第4戦SUGO。GT300クラスもGT500に負けず劣らずの白熱したレース展開となり、No.31TOYOTA PRIUS apr GT(嵯峨宏紀/中山雄一)が今季初優勝を飾った。

©CircuitNow

ポールポジションはNo.25VivaC 86 MC。土屋武士がスタートドライバーを務め、トップで1コーナーを通過。それに続いたのがNo.61SUBARU BRZ R&D SPORT(山内英輝)。2番手に浮上するとすぐ25号車の背後に迫り、チャンスを伺う。しかし、ベテランの土屋も巧みなブロックでトップを死守。数周してからはペースも掴み始め後続を引き離していった。

©CircuitNow

しかし、後続でクラッシュ車両がセーフティカーが導入とトップ争いの様相は一変していく。SCが解除になりクラス30周終わりで61号車がピットイン。翌31周に25号車もピットへ。これを皮切りに各車続々とピット作業を済ませるが、ここで逆転して25号車の前に立ったのがNo.88マネパ・ランボルギーニGT3とNo.18アップガレージ86MCだった。

©CircuitNow

一転して追いかける立場となった25号車だったが、前日の予選で素晴らしい走りをみせた松井孝充が猛追。クラス54周目に18号車を追い抜くと、その勢いで88号車にも接近するが、その背後から31号車プリウスの嵯峨、さらに61号車の井口も接近。GT300も目が離せない接近戦のトップ争いに突入していった。

©CircuitNow

ここで速さを見せたのが31号車。まずは25号車をクラス61周目のヘアピンでパスすると、2周後のメインストレートでハイパワーのランボルギーニ・ウラカンに並びかけ、1コーナーでオーバーテイク。目の覚めるような逆転劇でトップに浮上した。

その後、25号車が2番手、61号車が3番手に浮上。最後はJAF-GTによる三つ巴かと思われたが、残り5周で18号車が最終コーナーでクラッシュ。ドライブしていた山田真之亮は無事だったが、この影響で赤旗が出され、そのままレース終了。31号車の今季初優勝、そして新型プリウスGTでの初優勝が決まった。

©CircuitNow

2位に入った25号車の土屋/松井組はシリーズランキング首位に浮上。3位の61号車BRZの井口/山内組は今季初の表彰台を獲得した。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る