【SGT】2016第4戦SUGO:GT300クラスも大混戦のバトルが展開!31号車プリウスが今季初V

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©CircuitNow
©CircuitNow

2016年のSUPER GT第4戦SUGO。GT300クラスもGT500に負けず劣らずの白熱したレース展開となり、No.31TOYOTA PRIUS apr GT(嵯峨宏紀/中山雄一)が今季初優勝を飾った。

©CircuitNow

ポールポジションはNo.25VivaC 86 MC。土屋武士がスタートドライバーを務め、トップで1コーナーを通過。それに続いたのがNo.61SUBARU BRZ R&D SPORT(山内英輝)。2番手に浮上するとすぐ25号車の背後に迫り、チャンスを伺う。しかし、ベテランの土屋も巧みなブロックでトップを死守。数周してからはペースも掴み始め後続を引き離していった。

©CircuitNow

しかし、後続でクラッシュ車両がセーフティカーが導入とトップ争いの様相は一変していく。SCが解除になりクラス30周終わりで61号車がピットイン。翌31周に25号車もピットへ。これを皮切りに各車続々とピット作業を済ませるが、ここで逆転して25号車の前に立ったのがNo.88マネパ・ランボルギーニGT3とNo.18アップガレージ86MCだった。

©CircuitNow

一転して追いかける立場となった25号車だったが、前日の予選で素晴らしい走りをみせた松井孝充が猛追。クラス54周目に18号車を追い抜くと、その勢いで88号車にも接近するが、その背後から31号車プリウスの嵯峨、さらに61号車の井口も接近。GT300も目が離せない接近戦のトップ争いに突入していった。

©CircuitNow

ここで速さを見せたのが31号車。まずは25号車をクラス61周目のヘアピンでパスすると、2周後のメインストレートでハイパワーのランボルギーニ・ウラカンに並びかけ、1コーナーでオーバーテイク。目の覚めるような逆転劇でトップに浮上した。

その後、25号車が2番手、61号車が3番手に浮上。最後はJAF-GTによる三つ巴かと思われたが、残り5周で18号車が最終コーナーでクラッシュ。ドライブしていた山田真之亮は無事だったが、この影響で赤旗が出され、そのままレース終了。31号車の今季初優勝、そして新型プリウスGTでの初優勝が決まった。

©CircuitNow

2位に入った25号車の土屋/松井組はシリーズランキング首位に浮上。3位の61号車BRZの井口/山内組は今季初の表彰台を獲得した。

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-5-3

    【SGT】2017第2戦富士:予選日開幕!早くも昨年を大きく上回る賑わいに

    2017年のSUPER GT第2戦「FUJI GT500km RACE」が3日、富士スピード…
  2. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1. 2017年のSUPER GT第2戦「FUJI GT500km RACE」。GT300クラスは…
  2. 2017年のスーパーGTシリーズ第2戦の決勝レースが4日、富士スピードウェイで開催。GT50…
  3. 第40回目の記念大会となる鈴鹿8時間耐久ロードレース。今年は10代から20代に向けた、レース…
  4. ©︎H.Yoshii 2017年のSUPER GT第2戦富士。注目の公式予選が3日、富士ス…
  5. 2017年のSUPER GT第2戦「FUJI GT500km RACE」が3日、富士スピード…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る