【2016鈴鹿8耐】予選1回目から中須賀が2分06秒台に突入するも、ローズが転倒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

2016年の鈴鹿8耐。早速現地では公式予選がスタート。1回目のセッションではNo.21YAMAHA FACTORY RACING TEAMの中須賀克行が2分06秒908で暫定トップタイムを記録した。

朝から真夏日となっている鈴鹿サーキット。11時30分の予選開始を迎えると気温31度、路面温度は53度まで上昇。まさに8耐日和の中で、0.001秒を争うタイムアタック合戦が始まった。

この予選では、第1・第2・第3ライダーが、それぞれ20分ずつのセッションに参加。チームベストタイムで予選グリッドが決まる。今年はエントリー台数が70台に絞られたこともあり、A・Bグループのような組分けはなく70台近いバイクが一斉にコースイン。コース上の混雑等も懸念されたが、昨年王者であり今年も全日本で連戦連勝中の中須賀がいきなり2分06秒908を叩き出しライバルを圧倒した。続く第2ライダー予選でもは僚友ポル・エスパルガロがこれに挑み、前半セクターでは中須賀を上回る速さで周回。しかし、後半セクターでもう一つ伸びず2分07秒333がベストタイムだった。

またNo.87TeamGREENのレオン・ハスラムは2分08秒063、No.634MuSASHi RT HARC PRO.のニッキー・ヘイデンも2分08秒479をマークするが、ヤマハには届かなかった。

このままいけば全ライダーともトップタイムを記録し午後に折り返すかと思われたが、第3ライダー予選でアレックス・ローズが200R付近の2輪専用シケインで転倒。ライダーは無事だったが、ピットまでマシンを戻すことができず、なんとノータイムで終わってしまった。ここまで絶好調できていたヤマハファクトリーだが、最後にはわずかな波乱にも見舞われる形となった。

注目の2回目は15時10分からスタート予定。今度は夕方になって気温も下がってくるため、さらなるタイム更新が期待されている。

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1. 2017年のSUPER GT富士合同テスト。2日目のセッションは残念ながら降雪により走行がキ…
  2. 2017年のSUPER GT開幕まで2週間となった25日、富士スピードウェイでスタート。初日…
  3. 今年も東京モーターサイクルショーが行われている東京ビックサイトで、「2017コカ・コーラ鈴鹿…
  4. ©︎Pirelli いよいよ、2017年のF1世界選手権が24日、オーストラリアのメルボル…
  5. 2017年のSUPER GT開幕を2週間後に控えた3月25・26日に今季2回目となる公式合同…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る