【2016鈴鹿8耐】盤石のヤマハ・ファクトリー、ポル・エスパルガロが2年連続PP!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

2016“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース。注目のトップ10トライアルが行われ、各ライターとも限界ギリギリのタイムアタックを披露。結果、ポル・エスパルガロ(No.21YAMAHA FACTORY RACING TEAM)が2年連続でポールポジションを獲得した。

1チーム2名ずつライダーが登場し、1周のみのタイムアタックでトップ10のグリッドを決めるというもの。今年も晴天に恵まれ、気温31度、路面温度49度の中でセッションが始まった。

まず前日の予選で6〜10位のチームで争われた前半グループ。ここで速さを見せたのがパトリック・ジェイコブセン(No.5F.C.C. TSR Honda)だ。前日の予選タイムを上回る2分07秒248をマークし暫定トップに浮上した。

しかし、それを破ったのは、やはり大本命のヤマハ・ファクトリー。まずはポル・エスパルガロがアタックし、セクター1からベストタイムを更新していく。前半セクターはジェイコブセンと互角だったが、西コースで一気にタイムを稼ぎ、コントロールライン通過のタイムは2分6秒258。残念ながら昨年のスーパーラップを上回ることはなかったが、ライバルに1秒以上の差をつけてトップに浮上した。

©KANSENZYUKU

やはり、今年もヤマハの独壇場かと思われたが、その牙城を崩すような走りを見せたのがNo.12ヨシムラ・スズキ・シェル・アドバンスの津田拓也。今年もBGMはお決まりの「暴れん坊将軍」で、各コーナーを果敢に攻めていき、前半セクターでは、わずかながらエスパルガロのタイムを更新。このペースでいけば2分05秒台が見えてくるかもとファンも注目したが、セクター3でタイムを詰めることができず、最終的に2分07秒405。0.147秒届かず2番手となった。

©KANSENZYUKU

さらにNo.87Team GREENのレオン・ハスラムもアグレッシブなライディングを披露。津田のタイムに僅差で及ばなかったが、2分06秒469を叩き出し3番手となった。

予選2位だったNo.634MuSASHi RT HARC PRO.(高橋巧)もタイムを更新できず、ヤマハファクトリーのポールポジションが決定。あとは、大トリの中須賀克行がどんなタイムを出すのか?鈴鹿に住めかけた33,500人の観客の視線は21番ヤマハファクトリーのマシンに集まった。

セクター1では、ほぼ同タイムで通過していったが、デグナー2つ目でやや姿勢を乱してしまいタイムロス。それが後半セクターにも響いてしまい、2分06秒435。エスパルガロのタイムには届かなかった。

©KANSENZYUKU

それでも、チームは2年連続でポールポジションを獲得。連覇に向けて順調なスタートを切った。2番手には12番ヨシムラ、3番手には87番TeamGREENが続いた。

注目の決勝レースは、31日11時30分からスタート。今年はヤマハが逃げるのか?それともライバルが待ったをかけるのか、いよいよ筋書きのないドラマが、明日始まる。

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1. 2017年のSUPER GT富士合同テスト。2日目のセッションは残念ながら降雪により走行がキ…
  2. 2017年のSUPER GT開幕まで2週間となった25日、富士スピードウェイでスタート。初日…
  3. 今年も東京モーターサイクルショーが行われている東京ビックサイトで、「2017コカ・コーラ鈴鹿…
  4. ©︎Pirelli いよいよ、2017年のF1世界選手権が24日、オーストラリアのメルボル…
  5. 2017年のSUPER GT開幕を2週間後に控えた3月25・26日に今季2回目となる公式合同…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る