【2016鈴鹿8耐】4日間合計で124,000人が来場!8耐人気上昇が見られた週末に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

7月28〜31日に鈴鹿サーキットで開催された2016“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース。4日間を通して124,000人に達し、昨年を上回る来場者で盛り上がった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

決勝日は気温30度を超える灼熱のコンディションとなったが、今年は全体的に涼しく感じるほど、8耐にしては低い気温が目立った。また4日間全てで雨に見舞われなかったことも幸いし、特に土日は朝から多くのファンで各イベントも盛り上がった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

特にGPスクエアやピットウォーク、さらに各スタンドをみると、若者の観戦者が非常に多かったという印象。数年前から取り組んでいる「8耐ヤング割」などの効果が大きく、一時は「若者のバイク離れ」を心配する声もあったが、特に昨年から若年層への8耐の認知度が上がってきており、それがこの動員数につながったとみられている。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

最終日は朝のピットウォークばかりか、決勝前のピットウォークも超満員。そしてスタートとゴールの時間帯はグランドスタンドをはじめ、各エリアが満員状態になるほどの賑わいで、最後に打ち上がる恒例の花火も開放されたメインストレートから観戦するファンも非常に多かった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

また決勝前には、女優でタレントの中村玉緒さんがグリッドに登場したほか、バイク好きで有名な福田充徳さんとレイザーラモンRGさんもポールポジションのヤマハ・ファクトリーのところへ訪問。そして俳優の武田真治さんがサックスで国歌を吹奏するなど、レース前の演出も盛り沢山だった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

また表彰式も例年以上の盛り上がりをみせ、今年も感動のエンディングを迎えた。

決勝日は昨年より1000人多い、69,000人が来場。4日間合計では昨年より4,000人多い124,000人となった。来年は記念すべき40回大会で、EWCもグランドフィナーレとなる最終戦に組み込まれる。さらにドラマティックな演出が用意されそうだ。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る