【SGT】2016第5戦富士:GT300クラスは今回もARTA M6が強さを発揮しポールポジション!

©S.Nakagawa
©S.Nakagawa

2016年のSUPER GT第5戦富士の公式予選。GT300クラスはNo.55 ARTA M6 GT3(高木真一/小林崇志)がポールポジションを獲得した。

気温33度、路面温度48度と真夏日のコンディションで始まったGT300の予選。なんとQ1からとんでもない事態が発生してしまう。これまで富士を始め、各サーキットで無類の強さを誇ってきた日産GT-R NISMO GT3勢が全てQ1で敗退。ウェイトハンデの影響も少なからずあったが、それでも昨年はQ2常連という印象があっただけに、サーキットに詰めかけたファンも驚きの表情を隠せなかった。

©S.Nakagawa ©S.Nakagawa

続くQ2では、長いストレートがあるがゆえに、FIA-GT3勢が活躍。その中でも頭ひとつ抜けた速さをみせたのが、第2戦でもポールポジションを獲得したARTA M6だった。今回は小林がQ1を務め1分37秒600でトップ通過を果たすと、続くQ2では高木が負けじと1分37秒545をマーク。2位以下に0.3秒差をつけ今季2回目のポールポジションを勝ち取った。

2番手にはNo.21Hitotsuyama Audi R8 LMS(リチャード・ライアン/藤井誠暢)、3番手にNo.51JMS LMcorsa 488 GT3(新田守男/都筑晶裕)が入り、今年SUPER GTにデビューした新型FIA-GT3勢が上位を独占。さらにNo.4グッドスマイル初音ミクAMGも5番手に付けるなど、欧州勢の強さが目立った。

そんな中JAF-GT勢ではNo.61SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)が1分37秒台を叩き出す走りを見せ、4番手へ。前回SUGOで3位表彰台を獲得して以降、着実に調子が上がってきている様子。明日の決勝もFIA-GT3相手にどこまで争うかに注目だ。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る