【SGT】2016第5戦富士:わずか0.1秒差!ARTA M6が嬉しい初勝利!

©S.Nakagawa
©S.Nakagawa

2016年のSUPER GT第5戦富士。GT300クラスはNo.55 ARTA M6 GT3が今季初優勝。新型のM6 GT3にとってもSGT初優勝となった。

今回はFIA-GT3勢の活躍が目立ったGT300クラス。第2戦同様に序盤からポールポジションを獲得した55号車の高木真一がリードを広げた。しかし、今回は2番手スタートのNo.21Hitotsuyama Audi R8 LMS(藤井誠暢)が少しずつ追いつき、10周を過ぎる頃には接近。しかし、高木もしっかりと相手に隙を与えない走りでトップを死守していく。

©S.Nakagawa
©S.Nakagawa

2台の攻防が続く中、19周目にNo.22アールキューズSLS AMG GT3のアクシデントでセーフティカー導入。25周目の再スタートで一旦は持ち直すが、中盤になっても2台の攻防戦は続いた。

そのまま中盤に入り2台ともピットストップ。55号車は燃費面がネックとなっていたが、セーフティカーが幸いし給油量が少なく、36.6秒でピットアウト。21号車の前でコースに復帰した。

©S.Nakagawa
©S.Nakagawa

そこで築いたリードを使い、小林崇志が安定した走りをみせていたが、追う21号車もリチャード・ライアンが最後まで諦めず猛追。残り5周を切ったところで背後に迫りチャンスを狙う。しかし小林も必死で逃げてファイナルラップへ。

コーナー区間でなんとか凌ぎきるが、最終コーナーを立ち上がって21号車がスリップストリームについて並びかける。最後はM6のパワーがまさりトップチェッカーを受けたが、その差はわずか0.1秒。まさに鼻差のフィニッシュだった。

©S.Nakagawa
©S.Nakagawa

3位にはNo.61SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)が、終始力強い走りをみせ、JAF-GT勢が不利と言われている富士スピードウェイで3位表彰台をつかんだ。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る