【2016F1日本GP】今年は1,100人が参加!恒例のドライバーサイン会も例年以上の盛り上がりに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©K.Oda/KANSENZYUKU

早くも熱気に包まれている2016F1日本グランプリ。現地では木曜恒例イベントのドライバーズサイン会が開催され、例年以上の盛り上がりを見せた。

今年も16時からグランドスタンド前で行われ、全チーム22名のドライバーが参加。今年は人数が増え合計1,100人が抽選で選ばれた。

週末の中でも最も盛り上がるイベントでもあるが、実はサイン会が晴天に恵まれたのは3年ぶりのこと。今回はテントも設置されず、スタンドに詰めかけていたファンも、その表情が見えるようなになっていた。

まず登場したのはマクラーレン・ホンダ。フェルナンド・アロンソ、ジェンソン・バトンに加えて来季のフル参戦を果たすストフェル・バンドーンも登場。3人とも笑顔で挨拶し、参加したファン一人一人に丁寧にサインをしていた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

チャンピオン争いをするニコ・ロズベルグ、ルイス・ハミルトンも笑顔で登場。基本的には1ドライバーあたり50人なのだが、サイン列が終わるとスタンドから声援を送るファンのところへ歩み寄り、サインカードを配る恒例のサービスも。特にハミルトンは、ちょうど前の席がサイン会参加者の待機スペースでガラ空きとなっていたためか、そのまま柵を越えて2階席のV2スタンドの方までいって配るという大サービスっぷり。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

またセバスチャン・ベッテルもファンの声援に応えてサインカードを配っていた。

そして、印象的だったのはほとんど全てのドライバーが「コンニチワ」「ガンバリマス」「アリガトウ」と日本語で挨拶。しかも何人かのドライバーはかなり流暢に挨拶していたのが驚きだった。

こうして、今年も木曜日のファンイベントは大盛況のうちに終了。いよいよ明日からF1マシンの走行が始まる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2018年シーズンから、FIA(国際自動車連盟)と各国のASN(日本ではJAF)とプロモータ…
  2. 7月8日(日)から西エリアチケット、金曜日券、“Dinner Party with Lege…
  3.   ドライバーをはじめ多くのF1関係者が利用することで人気のレストンラン「SHUN」、をはじめ…
  4. 日本GPを開催する鈴鹿サーキットは、今年の観戦チケットを7月末までに購入した方に「チケットデザインが…
  5. 5月13日(日)の2018F1日本グランプリ観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用で…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る